Apple、2020年の注目アーティスト紹介動画「Class of 2020」公開

    class of 2020

    class of 2020
     
    Appleが2020年にApple Musicで注目されたアーティストを特集した動画「Class of 2020」を公開しています。

    Up Nextで特集された20代のアーティストたち

    Apple Musicのプロモーションとして新たに公開された動画「Class of 2020」では、この1年でヒットチャートを盛り上げたり、さらなる活躍が期待されたりするアーティストらがAppleのチョイスで特集されています。わずか1分ほどの動画で矢継ぎ早に現れるアーティストは計12人で、2020年の毎月ごとに「Up Next」としてApple Musicで話題をさらった人物が選ばれているようです。
     

     
    フィーチャーされているアーティストは以下の通りです。
     

    • オーヴィル・ペック(Orville Peck)
    • ビクトリア・モネ(Victoria Monet)
    • イングリッド・アンドレス(Ingrid Andress)
    • コナン・グレイ(Conan Gray)
    • ドン・トリヴァー(Don Toliver)
    • ベニー(BENEE)
    • ホリー・ハンバーストーン(Holly Humberstone)
    • ナサニエル・カノ(Natanael Cano)
    • ギヴェオン(Giveon)
    • ビーバドゥービー(Baebadoobee)

     
    「Class of 2020」で名前の挙がったアーティストはすべて20代で、Apple Musicが若者をターゲットにしていることが改めて分かります。例えば、ホリー・ハンバーストーンは20歳で、初のEP(ミニアルバム)である「Falling Asleep at the Wheel」を今年8月にリリースしたばかりです。なお、それぞれのインタビューについても、AppleはYouTubeに動画を公開しています。
     


     
    ちなみにUp Nextでは、過去にビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)を筆頭にグレタ・ヴァン・フリート(Greta Van Fleet)、カリード(Khalid)などが特集されていました。今のうちに「Class of 2020」に出てくるアーティストをチェックしておけば、流行りに敏感な“音楽通”になれるかも知れません。
     
     
    Source:YouTube-Apple Music
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次