トップページ > 最新情報 > Google、Gmailなど2年以上放置しているアカウントのデータを削除へ
2020年12月8日 14時01分

読了まで 26

Google、Gmailなど2年以上放置しているアカウントのデータを削除へ

Google


 
Googleは、Googleフォト、Gmail、Googleドライブのサービスポリシーを2021年6月1日に変更すると発表しました。
 
新ポリシーの下では、各サービスを2年間利用していない場合、対象サービスのデータを削除する可能性があるとしています。
 
また、Googleアカウントに割り当てられた保存容量15GBを超えた状態が2年以上続いており、適切な対応をとっていない場合は、アカウント内のすべてのデータを削除する可能性があるとしています。

サービスを2年間利用していない、Googleアカウントの保存容量を超えているユーザーは注意

Googleは2021年6月1日より、Googleフォト、Gmail、Googleドライブ(Googleドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard、サイトのファイルを含む)の各サービスポリシーを変更します。
 
新ポリシーの下では、Googleフォト、Gmail、Googleドライブを2年利用していない場合は、そのサービスから全てのデータが削除される可能性があります。
 
たとえば、Googleフォトを2年間利用しておらず、GmailとGoogleドライブを利用している場合は、Googleフォトのデータ全てが削除されます。
 
また、各Googleアカウントには、Googleフォト、Gmail、Googleドライブで使用できる15GBの保存容量が無料で提供されていますが、この15GBを超過した状態が2年以上続いており、空き容量を増やす・追加容量を購入するといった対応をしていない場合は、アカウント内のすべてのデータが削除される可能性があります。
 
新ポリシーにもとづくデータ削除は、早ければ2023年6月1日より実施されます。

3カ月以上前に通知、削除回避の方法を提案

Googleは、データを削除する可能性があるユーザーに対しては、削除対象となる3カ月以上前にGoogleサービス内での通知およびメールで知らせるとともに、削除を回避する方法も提案するとしています。
 
 
Source:Google
Photo:pixabay-KoLa
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる