トップページ > 最新情報 > 5G、2026年までに世界人口の60%をカバー〜Ericsson調べ
2020年12月1日 04時22分

読了まで 26

5G、2026年までに世界人口の60%をカバー〜Ericsson調べ

5G


 
通信機器メーカーのEricssonが年に2回公開している「Ericsson Mobility Report」によると、5Gネットワークはコロナ禍にも関わらず順調に拡大しており、2026年までには世界の人口の約60%をカバーする見通しです。

年末には5G契約者数が2億1,800万人に

Ericssonは前回公開したレポートにおいて、世界全体での5G通信契約者は2020年6月時点で約1億9,000万人と見積もっていました。それが今回のレポートでは、今年末までには約2億1,800万人に達すると予測を上方修正しています。
 
またEricssonは2026年までに、5G契約者が35億人まで急増するとの新たな予測を明らかにしました。今年6月時点では、2025年までに28億人まで増えると予測していました。

中国が5G普及を牽引

米メディアCNETのインタビューに対し、Ericssonの戦略マーケティング責任者のパトリック・サーウォル氏は「今年末までには世界全体で10億人が、5G通信の利用が可能な地域で暮らすことになる。これは世界人口の約15%に相当する」と語っています。
 
サーウォル氏によれば、世界でも特に5G通信が急速に普及しているのが中国です。国を挙げての5G促進、そして200ドル以下で5G対応スマートフォンが購入可能ということもあり、中国での5G契約者数は大きく伸びています。
 
そのため、年末までには約2億1,800万人に達する見通しの5G契約者のうち、約1億7,500万人は中国在住者となる見込みです。これは中国の携帯電話契約者数のおよそ11%に相当します。

今年末時点では北米の5G契約者数は1,400万人だが…

一方、北米(米国とカナダ)での今年年末時点での5G契約者は1,400万人で、携帯電話契約の約4%となる見通しです。
 
ただし2026年までには、北米の携帯電話契約の80%は5G契約となる見込みです。一方中国、日本、韓国を含む北東アジア地域での5G契約が全体の携帯電話契約に占める割合は66%となると、Ericssonは予測しています。
 
 
Source:Ericsson via CNET
Photo:Pixabay
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる