トップページ > 最新情報 > AndroidアプリをWindows 10で実行可能にする計画が進行中?
2020年11月29日 04時20分

読了まで 20

AndroidアプリをWindows 10で実行可能にする計画が進行中?

Microsoft Project Latte


 
AndroidアプリWindows 10で実行可能にする計画、Project Latteが進行中で、順調に進めば2021年中にも実現するとWindows Centralが報じています。

Project Latteの計画概要

Windows Centralによれば、Project LatteではAndroidアプリの開発者が、Microsoftが提供する新しいアプリのパッケージング形式「MSIX」を用いてアプリをMicrosoftストアに送信できるようにすることで、コードをほとんど変更することなく、AndroidアプリをWindows 10に移行できるよう計画されているとのことです。
 
Microsoftは以前、Project Astoriaにて、AndroidアプリをWindows 10 Mobileに導入する計画を2015年に開始しましたが、2018年にキャンセルしています。
 
Project Latteでは、MicrosoftはWindows Subsystem for Linux(WSL)を利用してAndroidアプリをWindows 10で実行可能にしようと計画している可能性が高いが、実現させるには独自のAndroidサブシステムを提供する必要があるほか、GoogleはPlay開発者サービスをネイティブのAndroidデバイスとChromeOS以外にインストールすることを許可していないため、この点も解決する必要があるとWindows Centralは説明しています。

M1チップ搭載MacBookでは、iOS/iPadOS用アプリが実行可能?

macOSにおいても、M1チップ搭載Macにおいて、iOS/iPadOS用アプリを移植・実行可能なようですが、それをサポートするかどうかは開発者に委ねられており、大手アプリデベロッパーは対応を見送っています
 
 
Source:Windows Central via Gizmochina, Microsoft
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる