トップページ > 最新情報 > M1搭載MacBook Airのバッテリー持続時間テスト〜約50%の時間延長
2020年11月28日 06時25分

読了まで 227

M1搭載MacBook Airのバッテリー持続時間テスト〜約50%の時間延長

MacBook Air 2020


 
テック系メディアNotebookcheckが、M1チップ搭載MacBook Airと、Intelプロセッサ搭載MacBook Air(2020年モデル)を用いて、Wi-Fi接続によるWebページ閲覧時のバッテリー持続時間テストを実施し、結果を報告しました。同メディアによれば、M1チップ搭載モデルはIntelプロセッサ搭載モデルから、45%〜55%のバッテリー持続時間延長が認められたとのことです。

バッテリー持続時間テスト環境

Notebookcheckが、下記の条件でM1チップ搭載MacBook Airと、Intel Core i3およびCore i5を搭載したMacBook Air(2020年モデル)を用いて、バッテリー持続時間テストを実施しました。
 

  • Wi-Fi接続でのWebページ閲覧での、バッテリー持続時間を比較
  • 各モデルのバッテリー容量は、49.9Whで共通
  • ディスプレイ輝度は全モデルを150ニトに調整
  • ディスプレイの明るさ自動調整機能はオフ

バッテリー持続時間テスト結果

上記テスト環境で比較した結果、M1チップ搭載MacBook Airのバッテリー持続時間は16時間(960分)、Core i3搭載モデルは11時間1分(661分)、Core i5搭載モデルは約10時間17分(617.7分)だったと、Notebookcheckは報告しています。
 
M1 Macbook Air battery test_01
 
M1チップ搭載MacBook Airのバッテリー持続時間は、Core i3搭載モデル比で45%、Core i5搭載モデル比では55%の延長が確認されました。
 
M1 Macbook Air battery test_04
 
M1 Macbook Air battery test_05

電源アダプタ変更による充電時間も比較

Notebookcheckは、電源アダプタにより充電時間に違いが出るかの比較テストも実施しました。
 
30W電源アダプタ使用時
 
M1 Macbook Air battery test_02
 
その結果、16インチMacBook Pro用の96W電源アダプタを使用した場合、M1チップ搭載MacBook Air付属の30W電源アダプタと比較して、充電完了までの時間が17分短縮され、2時間23分で完了したとのことです。
 
96W電源アダプタ使用時
 
M1 Macbook Air battery test_03
 
同メディアはその理由に関し、96W電源アダプタを使用した際は充電開始から最初の45分間は約43Wで充電された分、充電完了までの時間が短縮されたと述べています。
 
Notebookcheckは、M1チップ搭載MacBook Airの最大消費電力は31Wで、通常時は22W〜25Wであるため、接続した電源アダプタによるパフォーマンスの違いは認められなかったと報告しています。同メディアは今後、ディスプレイ輝度を400ニトにした比較テスト実施を計画しているとのことです。
 
 
Source:Notebookcheck
Photo:Apple
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる