2020年11月26日 22時50分

読了まで 141

iPhone13シリーズは、アンテナパッケージに加えRFモジュールも自社設計か

iphone-13-concept


 
台湾DigiTimesが、シリーズ用に、自社開発のアンテナ・イン・パッケージ(AiP:Antenna-in-Package)に加え、RFフロントエンドモジュール(RF-FEM:RF front-end module)も自社設計のものを搭載する可能性があると報じています。

iPhone12用5Gミリ波アンテナでAiP搭載済み

中国IT之家は、Appleは既に、米国向けiPhone12の5Gミリ波(mmWave)用アンテナとして、自社設計のアンテナ・イン・パッケージを搭載しており、今後はRFフロントエンドモジュールの開発も、Appleが自社で手がけるようになると予想しています。

バッテリー関連パーツも含めたコストダウン策か?

iPhone13には、「ソフトボード・バッテリーテクノロジー」が採用されるとの予想もあります。同テクノロジーは、液晶ポリマー(LCP:Liquid Crystal Polymer)ソフトボードとしても知られ、スペース効率と製造コスト削減につながることから、今回の自社開発RFフロントエンドモジュールとあわせ、設計開発費と製造コスト削減を目指していると考えられます。
 
 
Source:DigiTimes via IT之家, Gizchina, Infineon
Photo:NeoDrafts
(FT729)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる