トップページ > iPad > 2021年にミリ波をサポートした5G対応のハイエンドiPad Proが登場か
2020年11月26日 21時06分

読了まで 155

2021年にミリ波をサポートした5G対応のハイエンドiPad Proが登場か

iPad Pro


 
5Gの中でもより高速なミリ波に対応したハイエンドのiPad Proモデルが来年登場する、と台湾メディアDigiTimesが報じています。

5G対応iPadはProモデルとなる可能性大

2021年には12.9インチのミニLEDディスプレイ搭載のiPad Proや、11インチのミニLED搭載モデルのリリースが以前から噂されていました。最新の報道では、Appleはミリ波のAiP(Antenna in Package)モジュールの内製化を来年のiPhoneモデル搭載に向けて順調に進めており、次世代iPadモデルもその恩恵を受けるとされています。
 
DigiTimesは、AiPモジュールのデザインと開発を独自に行えるということは、2021年にリリースされる見込みのAppleの次世代ハイエンドiPad製品にミリ波技術が搭載される可能性を示唆している、と伝えています。
 
ミリ波の5Gは、サブ6GHzの5Gと比較して使用範囲は限られますが、短距離での非常に高速な通信が可能となります。iPhone12モデルのミリ波のサポートは米国内のみとなっていますが、来年のiPhoneシリーズでは同技術がより多くの国や地域で展開されるのではないかと期待されています。

モデムの内製化に向けても動いている?

DigiTimesは、AppleはAiPモジュールだけでなく、RFフロントエンドモジュール(FEM)の内製化も視野に入れており、独自設計のモデム開発を目指しているとも報じています。
 
著名アナリストのミンチー・クオ氏は、ミニLEDディスプレイ搭載のiPad Proの生産は2020年第4四半期(10月〜12月)から開始されると以前述べており、2021年上半期の発売を予測しています。
 
 
Source:DigiTimes via MacRumors
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる