2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    西欧スマホ市場でAppleなどがシェアを拡大〜IDC

    iPhone SE

    iPhone SE
     
    2020年第3四半期(7月〜9月)の西欧スマートフォン市場において、Huaweiが大きくシェアを落とす一方、Apple、Xiaomi、Oppoがシェアを拡大したことが、調査会社IDCの調べで明らかになりました。

    西欧スマホ出荷台数は前年同期比6.5%減に

    IDCによれば、2020年7月〜9月の西欧スマートフォン市場は引き続き新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、出荷台数が前年同期比6.5%減の2,880万台となりました。
     
    外出禁止や入店規制などは一時期より緩和されたものの、経済は回復していません。消費者のスマホに対する支出額はやや戻りましたが、企業向けスマホ売上は対前年同期比で11.5%減少しました。これは企業がスマホよりもノートPC購入へとリソースを振り向けているためです。

    iPhone SEとiPhone11 Proが好調だったApple

    スマホベンダー別出荷台数では、明暗がはっきり分かれる形となりました。Apple、Xiaomi、Oppoが第3四半期に出荷台数を伸ばした一方で、Samsungと、米国の規制対象となっているHuaweiは出荷台数を減らしています。
     
    IDCはAppleについて、iPhone SE(第2世代)とiPhone11 Proの売上が好調だったと記しています。同社によればこの第3四半期、西欧市場において、iPhone SE(第2世代)とiPhone11 Proは最も売れたスマートフォンだったとのことです。
     
    一方、米政府から厳しく規制されているHuaweiが落としたシェアを、XiaomiとOppoが獲得しています。Xiaomiは西欧市場において初めて3位まで上り詰めました。
     
    IDC

    5Gスマホのシェアは10.4%に

    なお同四半期における5G対応スマホの出荷台数は300万台に達し、前四半期からは123.1%増となりました。スマホ全体に占めるシェアは10.4%でした。

     
     
    Source:IDC
    Photo:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次