トップページ > iPhone Mania 独自記事 > 【レビュー】Anker PowerPort Strip PD、USB内蔵延長ケーブル
2020年11月14日 23時45分

読了まで 528

【レビュー】Anker PowerPort Strip PD、USB内蔵延長ケーブル


 
Appleデバイス用の充電機器、ケーブル類でも愛用者の多いAnkerから、USB端子内蔵電源延長ケーブル、「Anker PowerPort Strip PD 3」「Anker PowerPort Strip PD 6」が発売されました。本商品を数日間使用していますが、充電器、電源アダプタの数を減らすことが出来、デスク周りがスッキリしました

Anker PowerPort Strip PDシリーズとは

Anker PowerPort Strip PDシリーズは、USB-A端子およびUSB Type-C(USB-C)端子を内蔵した電源延長ケーブルです。米国では既に数種類が販売されており、筆者は個人輸入を検討していたほどの待望の製品です。
 
今回、Anker社から評価用に「Anker PowerPort Strip PD 3」と「Anker PowerPort Strip PD 6」をご提供いただきましたのでレビューし、報告します。
 
「Anker PowerPort Strip PD 3」と「Anker PowerPort Strip PD 6」の製品スペックは下記の通りです。
 

製品名 Anker PowerPort Strip PD 3 Anker PowerPort Strip PD 6
サイズ 約230 x 55 x 30ミリ 約227 × 95 × 30ミリ
重さ 約424グラム 約643グラム
ケーブルの長さ 約1.8メートル(プラグ部を除く) 約2.0メートル(プラグ部を除く)
AC定格電圧・電流 125V 50/60Hz 10A(最大出力 1,000W) 125V 50/60Hz 10A(最大出力 1,500W)
出力 USB-Cポート:5V=3A / 9V=3A / 15V=2A / 20V=1.5A
USB-Aポート:5V=2.4A(各ポート最大2.4A)
合計最大出力 30W
その他 18カ月保証 + 6カ月(Anker会員登録後)、カスタマーサポート
製品型番 A9133521(ホワイト) A9162521(ホワイト)
価格 税込:3,590円 税込:4,290円

 

パッケージ


 
パッケージは他のAnker製品と同じく、同社商品ではおなじみのブルーとホワイトのカラーです。
 

パッケージ表面のエンボス加工


 
パッケージ表面には、Anker製品群を形どったエンボス加工が施されています。
 

同梱品


 
同梱品は、両商品ともに「Anker PowerPort Strip本体」「取扱説明書」「メッセージカード」です。本体は、傷がつかないよう薄いビニール状の保護袋に収められています。
 

本体裏の注意書き


 
本体裏面には、製品スペックとともに注意書きが記載されています。また、画像右端に写っている、フック取り付け用の穴が左右2箇所にありますので、壁付けなども可能です。
 

取扱説明書


 
取扱説明書には各部の名称、製品スペックなどが詳しく記載されています。

各種電源アダプタ、充電器でテスト

各種電源アダプタと充電器で、差し込みテストを行いました。「Anker PowerPort Strip PD 3」は、大型のAC-DC変換電源アダプタなど、よほど横幅のある電源アダプタを装着しない限り、左右で干渉することはありません。
 
「Anker PowerPort Strip PD 6」を用いて、干渉する製品の組み合わせを確認しました。
 

5W電源アダプタと29W電源アダプタ


 
Apple純正品の、5W電源アダプタと29W電源アダプタの組み合わせは余裕があります。
 

29W電源アダプタと85W電源アダプタ


 
旧MacBook Proに同梱されていた85W電源アダプタと29W電源アダプタでは、差し込み口で両アダプタが干渉し、無理に差し込むと傷がつきそうです。この組み合わせの場合は、写真のように背中合わせに差し込むのではなく、隣の端子に差し込む必要があります。
 

Anker PowerPort Atom III Slimと、Anker PowerPort Atom III(Two Ports)


 
Anker製品同士でも比較しました。Anker PowerPort Atom III Slimと、Anker PowerPort Atom III(Two Ports)の組み合わせは、綺麗に収まり、干渉しません。
 

Anker PowerCore Fusion Power Deliveryと、Anker Power Port 2


 
Anker PowerCore Fusion Power Deliveryと、Anker Power Port 2の組み合わせでは干渉し、背中合わせに差し込むことは出来ません。
 
これは、Anker Power Port 2のACプラグの位置が関係するようで、本アダプタと組み合わせると、Anker PowerCore III Fusion 5000、Anker PowerCore Fusion 5000、Anker PowerPort Atom III(Two Ports)も干渉しました。Anker Power Port 2との組み合わせだけで発生するようです。
 
Anker Power Port 2は、Anker製品の中でも古い製品なので、使っているユーザーも少ないと推察されます。
 

差込口には、ほこり防止シャッター付き


 
両商品ともにコンセント差込口には、ほこり防止シャッターを備えているので、長年の使用によるゴミの侵入を防いでくれそうです。

Anker PowerPort Strip PD 6独自のインジケータの点灯


 
Anker PowerPort Strip PD 6のインジケータランプは、使用状況により点灯します。
 

Anker PowerPort Strip PD 6のインジケータランプの種類

Anker Power Strip 6
 
Anker PowerPort Strip PD 6にのみ、電源スイッチの下に、「保護設置ランプ(Grounded Protection)」「サージ保護ランプ(Surge Protection)」の2つのインジケータランプがあります。

電源オフ、アース線接続せず


 
コンセントに差し込み、アース線を接続していない状態では何も点灯しません。
 

電源オフ、アース線を接続


 
アース線を接続すると、「保護設置ランプ(Grounded Protection)」のLEDが点灯します。
 

電源オン

Anker_Power_Strip_PD_015_4
 
電源オンにすると、電源スイッチのLED、「サージ保護ランプ(Surge Protection)」のLEDが点灯します。

まとめ

筆者はこれまで、コンセント差込口が4つの電源延長コードに、各種電源アダプタと、USB端子用として「Anker PowerPort+ 5 USB-C USB Power Delivery」を差し込み併用してきました。
 
「Anker PowerPort Strip PD 6」を使うことで、USB端子用の「Anker PowerPort+ 5 USB-C USB Power Delivery」を使う必要がなくなり、同アダプタは別の場所の壁付けコンセントに差し込み、モバイルバッテリー充電用に使うようにしたことでデスク周りがスッキリしました。
 
現在使用している電源アダプタの数が少ないユーザーには、「Anker PowerPort Strip PD 3」も有用です。1つのUSB-C端子、2つのUSB-A端子の分はAnker PowerPort Strip PDシリーズで代用できるので、MacBook用の電源アダプタを差してもまだ2箇所の差込口が使えます。
 
他社からもUSB端子つき電源延長コードが発売されていますが、保証対応などアフターサービスに優れたAnker製品であること、同社製品の安定した充電性能はこれまで多数の製品で実感してきたことから、続けて愛用したい良い商品と感じました。
 
今後、前面に最大45WのUSB-C端子と2つのUSB-A端子、背面に3つのコンセント差込口を搭載した製品「Anker USB C Power Strip Surge Protector for Home Office」の日本での発売にも期待したいところです。
 
本製品に関する質問は、販売店に問い合わせ下さい。
 
 
Source:Anker (1), (2), Amazon (1), (2), Amazon(米国)
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる