2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、Google「Stadia」にアクセスできるアプリの掲載を許可

    Stadium Full Screen Browser

    Stadium Full Screen Browser
     
    Googleの登録制クラウドゲームサービス「Stadia」にアクセスできるiOSアプリ「Stadium」が、App Storeに復活した、と開発者がソーシャルメディアで発表しました。

    ブラウザバージョン1.2も発表

    開発者のザカリー・ノックス氏(@zmknox)は、「Stadium」がApp Storeに再掲載されたことを明らかにしました。同氏は、Stadiumブラウザのバージョン1.2も同時に発表しています。
     

    Appleは態度を一変

    Stadiumが最初にリリースされたのは今年9月のことです。ノックス氏のアプリを使用することにより、App Storeのクラウドベースのゲーム規制をかいくぐることが可能となります。
     
    同氏はWebKitを拡張し、開発者フレームワークGame Controller、そしてBluetoothコントローラーへとつなぐ手法をとっていましたが、「Appleはこれを気に入らなかったようだ」と述べており、アプリは削除される見通しだとコメントしていました。
     
    しかしながら今回、AppleはStadiaのApp Store掲載を認める異例の決定を下したようです。Appleは安全性の問題から、ゲームサービスを一括して許可しない方針としていますが、AppleのゲームプラットフォームApple Arcadeは例外として扱われているとして、自身の定めたガイドラインに抵触しているとの意見も上がっています。
     
     
    Source:AppleInsider
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次