トップページ > HomePod > HomePodの音質評価、6スピーカー中最下位に〜DXOMark
2020年11月9日 08時00分

読了まで 26

HomePodの音質評価、6スピーカー中最下位に〜DXOMark

HomePodカラー


 
スマートフォンカメラのベンチマーク評価で知られるDXOMarkが、新たにスピーカー(特にワイヤレススピーカー)の音質評価を開始すると発表しました。

12スピーカーを2グループに分けて評価

DXOMarkは初のスピーカー評価を行うにあたり、11ブランドが提供する12のスピーカーを対象として選出しました。販売地域も多岐に渡るよう考慮しており、たとえばXiaomi XiaoAI、Baidu Xiaodu Smart Speaker、TMall Genie X5はアジア地域でのみ販売、Yandex Stationは主にロシアで販売されているモデルです。
 
さらに12モデルを販売価格で2つに分けました。200ユーロ(約25,000円)未満のグループを「エッセンシャル」、200ユーロ〜499ユーロ(約61,000円)のグループを「アドバンスド」とし、それぞれ評価しました(近く499ユーロ超えの「プレミアム」グループも追加予定とのこと)。価格は発売時のメーカーによる希望小売価格がもとになっています。
 
ただし価格でグループ分けされているものの、評価指標はまったく同じです。

HomePodの総合スコアはアドバンスド中最下位に

DXOMarkは料理中、バスルーム、休憩中、パーティー、寝室、集まり、テレビ視聴、アウトドアの8つの場面で各スピーカーの音質を評価しました。いずれの場面でも高評価を勝ち取ったのは、Harman Kardon Citation 200とGoogle Home Maxでした。
 
AppleのHomePodはキッチンで料理をしている場面では、優れたアルゴリズムにより、最も音が聴きやすかったと評価されています。
 
しかしHomePodの総合スコアは113で、「アドバンスド」グループ6スピーカー中最下位でした。特に評価が低かったのがアーチファクト(雑音)です。
 
価格の安い「エッセンシャル」グループでも、Amazon Echo Studioの総合スコアはHomePodのスコアを上回っています。
 
A_GB_tableau-dxomark-Embargo5Nov2020-2-1024x244
 
table-advanced-HomePod-EN-1024x244

 
 
Source:DXOMark via Gizmochina
(lunatic)

カテゴリ : HomePod, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる