トップページ > 便利グッズ > 【10日間使用レビュー】Belkinの完全ワイヤレスイヤホン
2020年11月9日 17時00分

読了まで 253

【10日間使用レビュー】Belkinの完全ワイヤレスイヤホン

Belkin


 
スマートフォン関連機器メーカーBelkinが10月23日に発売した、SOUNDFORMシリーズの完全ワイヤレスイヤホンを同社からお借りできたため、約10日間使用してレビューしました。

通勤中でのレビュー

先月、初期レビューを行い、5千円台で購入でき、iPhone12シリーズにも対応したコストパフォーマンスの良い完全ワイヤレスイヤホンと記載しました。
 
今回は通勤やテレワーク、家事など、様々なシーンで使用してみました。
 
まずは、通勤中に電車内などで使用してみたところ、AirPods Proのようなノイズキャンセリング機能は無いものの、筆者の耳へのフィット感が良かったためか、人ごみでも高音はクリアに聞こえ、低音も迫力ある音質となっており、屋外においても音質は良いと感じました。
 
通勤中には特にタップコントロール機能が非常に便利だと感じました。通勤中にはAmazonのプライムミュージックを利用しているため、好みでない曲が流れた際には、曲送りを簡単に行うことができ、ストレスなく利用することができました。
 
また、他の低価格帯イヤホンと比べ、Belkinの完全ワイヤレスイヤホンはサイズが小さく、シャープな形状のため、装着しても目立ちにくい点は高評価です。
 
イヤホンに不意に触った際にタップコントロール部分を触ってしまい、音量が1段階上がったり、下がったりしてしまいましたが、筆者はあまり気になりませんでした。
 
数回、筆者が装着した際の左右のタイミングが良くなかったのか、Bluetoothの接続エラーにより、片耳からだけ音楽が聞こえたことがありました。その際には、エラーが発生したイヤホンだけをケースに戻し、スマートフォンのペアリング設定を解除し、再設定することで解決しました。

テレワークでのレビュー

Belkin
 
また、テレワーク中には、パソコンと接続し、オンライン会議等で利用しました。やはりパソコンのスピーカーより音質が良いため、先方の声がクリアに聞こえ、会議をスムーズに進めることができました。筆者の声も先方には支障なく聞こえていた模様です。
 
両手がフリーになるメリットは大きく、オンライン会議中にパソコンを離れて資料を探すなど、ワイヤレスイヤホン無しでは難しい場面にも無事に対応できました。また、映像とのタイムラグは特に感じませんでした。

家事での利用

Belkin
 
洗い物等のシーンでBelkinの完全ワイヤレスイヤホンを利用しながら家事を行いました。
 
接続したスマートフォンから2メートル~3メートルほど離れて作業していましたが、音飛び等のトラブルも無く、問題なく使用することができました。
 
特に、防水機能のおかげで、濡れた手でも気にせずにタップで使用することができる点は、非常に便利に感じています。

コストパフォーマンスが良い、良質なワイヤレスイヤホン

Belkin1
 
約10日間の利用を通じ、Belkinの完全ワイヤレスイヤホンは、5千円台で購入でき、音質も良く様々なシーンで活躍できる、コストパフォーマンスに優れたワイヤレスイヤホンイヤホンだと感じています。
 
また、フィット感も良好で、イヤホンが落下したことは10日間の利用で一度もありませんでした。
 
高価格帯のワイヤレスイヤホンと比較すると、起動時の安定性が少し弱いようにも感じますが、金額を考慮すると十分優れた完全ワイヤレスイヤホンと言えるでしょう。
 
Belkinの完全ワイヤレスイヤホンについては、以下のAmazonのページで5,673円(税込)で購入することが可能です。なお、金額は記事執筆時点のものですので、詳細はAmazonのページにてご確認ください。
 

 
Photo:Belkin
(seng)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる