トップページ > 最新情報 > iPhone用ディスプレイ埋込み型Touch IDは赤外線認識方式を採用か〜特許情報
2020年11月4日 00時45分

読了まで 158

iPhone用ディスプレイ埋込み型Touch IDは赤外線認識方式を採用か〜特許情報

under display touch ID3


 
AppleInsiderが、米国特許商標庁(USPTO)で2020年11月3日付で公開された特許情報から、iPhoneディスプレイ埋込み型Touch ID搭載が実現する場合、赤外線認識方式が採用されるのではないかと報じています。

ディスプレイ埋込み型Touch IDに繋がり得る特許情報

under display touch ID
 
USPTOが現地時間2020年11月3日に公開した特許は「電子デバイスディスプレイにおける短波赤外線光学イメージング」というタイトルで、ディスプレイを透過して指紋認識を行う方法が記載されたものです。
 
under display touch ID2
 
この方式による指紋認識では、ディスプレイの下に光学イメージングシステムを搭載し、それから短波赤外線をディスプレイ方向に向けて照射、ディスプレイに接した指の凹凸に応じた反射光を読み取り、指紋を認識するものです。
 
AppleInsiderは、赤外線は人間の眼には見えないため、本方式で指紋認識を行っている最中でも照射光で眩しく感じることもなく、合理的なシステムだと評価しています。
 
Appleが申請したシステムでは、ディスプレイのピクセル間に微細な導光路を設け、ディスプレイ下に配置した光学イメージングセンサから照射した赤外線光および反射光が通過できるように計画されているとのことです。

すぐに搭載される可能性は低そう?

新型コロナウイルス感染症の影響により、日常的にマスクを着用する機会が増えているため、Face IDよりもTouch IDの方が使い勝手が良い面もありますが、本特許はまだ開発案の段階であり、2021年モデルのiPhone13に搭載される可能性は低いとも指摘されているため、ディスプレイ埋込み型Touch IDが登場するとしても、時間がかかりそうです。
 
 
Source:USPTO via AppleInsider
Photo:Patently Apple
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる