トップページ > iPhone12 > iPhone12のカメラはApple配布の専用アプリなしでは修理不可?
2020年10月30日 23時55分

読了まで 28

iPhone12のカメラはApple配布の専用アプリなしでは修理不可?

iphone12 カメラ


 
デバイス分解で知られるiFixitが、iPhone12の背面カメラを別のiPhone12のものと入れ替えてみたところ、正しく動作しないという結果が出ました。Appleが配布する専用アプリなしでは、iPhone12カメラの修理ができない可能性が指摘されています。

Apple製のシステム構成ツールアプリが必要

iFixitが複数の修理技術者とともに、リークされたAppleのトレーニング資料を参考に入念なテストを行ったところ、iPhone12のカメラは、別のiPhone12のものと入れ替えると正しく機能しなくなるという興味深い結果が導き出されました。
 
この結果とAppleの修理ガイドラインを照らし合わせると、意図してか否か、Appleの専用ツールがないと修理できないという事実が判明したとのことです。ただしAppleがこの「バグ」を将来的に修復する可能性も考えられます。過去にiPhone間でパーツを入れ替えた際に、部品が正常に動作しない問題を修正したという例があるからです。
 
しかしながら、Appleが非公認のiPhoneカメラとスクリーンの修理を全面的に禁止しようとしているとも見ることも可能です。正規修理業者に向けたAppleの内部トレーニングガイドには、iPhone12シリーズから、カメラとスクリーンの完全な修理にはクラウドに接続されたApple製のシステム構成ツールアプリが必要であると記されています。

YouTuberも同様の見解

YouTuberのテイラー・ディクソン氏も、iPhone12のカメラ交換についてiFixitと同様の見解を示しています。ディクソン氏いわく、iPhone12のカメラを別のiPhone12に入れ替えた場合、超広角カメラへの切り替えができず、特定のカメラモードのみ使用可能となり、時折カメラが止まるか、完全に反応しなくなるとのことです。
 

 
流出したAppleの修理ガイドを見ると、iPhone12、iPhone12 mini、iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxのディスプレイとカメラの修理には「システム構成ツールが必要」と記載されているのが確認できます。
 
iphone12 修理
 
 
Source:iFixit via 9to5Mac
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる