GM版リリース予測を覆し、新たにmacOS Big Sur 11.0.1ベータ1登場

    macOS Big Sur

    macOS Big Sur
     
    Appleは29日、新macOSとなるBig Surのバージョン11.0.1ベータ1をデベロッパー向けにリリースしました。Big Surの正式版がリリースされる前に、新たなバージョンがデベロッパーに提供される異例の事態となります。

    GM版が登場するとの噂もあったが

    macOS Big Surは当初、Appleが10月13日に開催したイベントでリリースかリリース日の発表があると考えられていましたが、執筆時点(10月29日)でリリース時期に関する情報は提供されていません。
     
    ニュースサイトMacworldは、10月28日に最終ベータ(Golden Master:GM)版が登場すると予測していましたが、macOS11 Big Surベータ10の次に登場したのは、GM版ではなく今回のmacOS11.0.1ベータ1でした。
     
    リリースが遅れている理由についてAppleは明らかにしていませんが、ニュースサイトAppleInsiderは、Intelベースの現行Macと、Appleが独自設計したAppleシリコンベースのMacとの両方で機能するようなアップデートを手掛けているからだとみています。
     
    AppleシリコンのMacは2020年終わりに登場すると言われていましたが、その後Appleからの具体的なリリース発表は行われていません(11月にイベントを行うとの観測もあります)。
     
     
    Source:AppleInsider,Macworld
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次