トップページ > AirPods > 小型化したAirPods Proと再設計されたエントリーレベルAirPodsが開発中
2020年10月26日 23時41分

読了まで 235

小型化したAirPods Proと再設計されたエントリーレベルAirPodsが開発中

AirPods Pro イヤーチップ


 
Appleは来年の発売に向け、2つの新たなAirPodsモデルを開発中である、とBloombergが伝えています。

第3世代AirPodsと新Proイヤホン

Bloombergが関係者から入手した情報によれば、Appleは第3世代のAirPodsと、新バージョンのAirPods Proの開発を行っているとのことです。
 
2つのAirPodsモデルは、10月半ばのAppleの新製品発表イベントで披露されたHomePod miniや、これから登場見込みのオーバーイヤーヘッドホンなどのAppleオーディオデバイスの仲間入りを果たす見通しです。HomePod miniと初代HomePodの中間サイズの別のスマートスピーカーが開発されている、との噂もあるようです。
 
エントリーレベルのAirPodsのデザインは、現行AirPods Proに近いものとなり、イヤホン軸の長さは短く、イヤーチップは交換可能となる見通しで、バッテリー駆動時間の改善も考慮に入れられているそうです。「第3世代AirPodsはデザイン的にはAirPods Proと似ているものの、ノイズキャンセリングなどの機能はない」と匿名で情報を提供した関係者は述べています。
 
新型AirPods Proは、イヤホン軸自体が完全になくなり、ユーザーの耳を覆うような丸いシェイプのものがテストされている、と伝えらえており、SamsungやAmazon、Googleのワイヤレスイヤホンの路線を踏襲する形になりそうです。
 
しかしながら、ノイズキャンセリング機能、ワイヤレスアンテナとマイクをより小さなAirPods Pro筐体に埋め込むのは難しく、完成版のデザインは少々野心を抑えたものとなる可能性も指摘されています。なお、Apple広報担当者からコメントは得られていません。
 
Apple社内では、来年上半期にエントリーレベルの新型AirPodsの発売が協議されており、2つの新AirPodsモデルの両方に新しいワイヤレスチップの採用が計画されているとのことです。新型AirPodsモデルの製造は、Luxshare Precision IndustryとGoertekに委託される見通しです。

オーバーイヤーヘッドホンは生産に遅れ

Appleはハイエンドのノイズキャンセリング機能付きオーバーイヤーヘッドホンの発表を控えていますが、同モデルは過去2年間に数回にわたって開発上の課題に直面しており、これまでに幾度も遅延があったとされています。
 
Appleは、数週間前にハイエンドヘッドホンの量産体制に入る計画でしたが、ヘッドバンドに問題があり、延期を余儀なくされたと報じられています。いくつかのテストでヘッドバンドがきつすぎたようです。
 
Appleは当初、ヘッドホンの側面に大きなタッチパッドを埋め込むことを模索していたとされていますが、パネルサイズは縮小されたそうです。取り替え可能なのがヘッドホンの特徴となる予定でしたが、最新バージョンではヘッドバンドではなく、イヤーパッドのみの取り替えが可能になっている、と伝えられています。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:Apple
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる