トップページ > iPhone > iPhone12の強化ガラスCeramic Shield、本当に丈夫だった
2020年10月24日 11時35分

読了まで 27

iPhone12の強化ガラスCeramic Shield、本当に丈夫だった

iPhone12 ガラス強度実験


 
Appleは新しいiPhone12シリーズのディスプレイに採用したCeramic Shieldについて、耐落下性能が4倍向上、「どんなスマートフォンのガラスよりも頑丈」と主張しています。
 
YouTubeチャンネルおよびモバイルアクセサリーの評価サイトMobileReviewEhを運営するアーロン・ホー氏が、前モデルのiPhone11と比べ、iPhone12のガラスがどのくらい丈夫なのか、比較テストを行いました。

大抵のスクリーンプロテクターよりも丈夫

ホー氏はまずフォースメーターを用い、iPhone11とiPhone12のディスプレイが、どの程度までの力に耐えることができるのか実験しました。
 
力を加えるテストでは、iPhone11の限界値が352ニュートン(N)だったのに対し、iPhone12は443Nと、圧倒的な強度を示しました
 
ホー氏はこの結果について「(iPhone11よりもさらに)約100Nもの力を加えるのは大変だった。この値は、私が今まで使ってきたほぼすべてのスクリーンプロテクターよりも丈夫だということを意味する」とコメントしています。

ひっかきキズへの耐久性はほぼ同じ

iPhone12 ガラス強度実験
 
次に同氏は、鍵や硬貨、カッター、そしてモース硬度計を使い、ひっかきキズに対する耐久テストを行いました。
 
モース硬度計のテストでは、iPhone11とiPhone12の耐久性にそれほど大きな差は見られませんでした。ホー氏は「硬度7を使った時、iPhone11ほどは大きなキズがつかなかった程度の差」と述べています。
 
背面パネルはどちらも同程度、カメラレンズも同程度の硬さでした(どちらも硬度8でキズがついた)。
 
したがってiPhone12のディスプレイは、引っかきキズへの耐性はiPhone11とほとんど変わらないものの、Appleが主張するように、力に対する耐性は非常に強い(つまり落下にも強い)、ということになります。
 
ホー氏の実験動画は以下でご覧ください。
 

 
 
Source:MobileReviewEh/YouTube via MacRumors
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる