Apple、iPhone12需要に対応するため「エクスプレス」店舗を拡大

    iPhone12 パッケージ 外箱 2020年10月イベント

    iPhone12 パッケージ 外箱 2020年10月イベント
     
    Appleは、米国とヨーロッパで20店舗の“エクスプレス”Apple Storeを展開していますが、iPhone12シリーズを求めて店舗を訪れる顧客が増えることが予測されるため、店舗数を50店舗にまで拡大することが明らかになりました。

    今月末までに50店舗を目指す

    Appleでリテール+人事(Retail + People)担当シニアバイスプレジデントを務めるディアドラ・オブライエン氏は、エクスプレス店舗について「より速やかにお客様にサービスを提供できる方法」と述べています。「適切なソーシャルディスタンスを保ちつつ、新型コロナウイルス防疫プロトコルの実施することができる」
     
    現在20店舗あるAppleのエクスプレス店舗の数は、今月末までに50店舗まで増やされる見通しです。

    オンライン注文の受取とGenius Barの予約のみ対応

    ストア内では、従業員はガラスで顧客から隔てられており、オンライン注文の受け取りとGenius Bar予約のみの対応が行われているようです。
     
    中立無党派の法律情報プラットフォームPOP VOXの最高経営責任者(CEO)のマーシー・ハリス氏は9月半ばに世界初のAppleエクスプレス店舗を訪れ、写真を投稿しています。
     
     
    Source:Reuters
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次