Appleがヴェルヴェット・アンダーグラウンドのドキュメンタリー放映権取得

    The Velvet Underground apple tv+

    The Velvet Underground apple tv+
     
    Appleは21日、米国の伝説的ロックバンドであるヴェルヴェット・アンダーグラウンド(The Velvet Underground)のドキュメンタリー放映権を入手したことを明らかにしました。

    アカデミー賞ノミネート監督作品

    ヴェルヴェット・アンダーグラウンドは1960年代に結成されて以来、ロックシーンに革命を起こしたバンドとして、数多くの熱狂的なファンに支持されてきました。
     
    米Rolling Stone誌の「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」でも19位にランクイン、ファースト・アルバム「The Velvet Underground and Nico」のバナナが描かれたジャケットは、アンディ・ウォーホルの代表的なデザインとして、音楽ファン以外にも広く知られています。
     
    The Velvet Underground & Nico
     
    そんなバンドのドキュメンタリー「The Velvet Underground」の放映権を、今回Appleが獲得しました。権利の購入金額は明らかにされていませんが、監督はカンヌ映画祭の常連で、アカデミー賞にノミネート経験もあるトッド・ヘインズとなれば、品質が保証されているのは確かでしょう。
     
    本ドキュメンタリーは、Appleの動画ストリーミングサービス「Apple TV+」で配信予定です。なお、公開時期は現時点では未定です。

    ビリー・アイリッシュのドキュメンタリーもスタンバイ

    Apple TV+で音楽アーティストが特集されるのは、今回が初めてではありません。
     
    米国の有名なロック歌手ブルース・スプリングスティーンのドキュメンタリー「Bruce Springsteen’s Letter to You(ブルース・スプリングスティーンから君への手紙)」が10月23日より配信されます。
     
    また、2021年2月にはビリー・アイリッシュのドキュメンタリー「The World’s A Little Blurry(世界のちょっとしたぼやけ)」が配信される予定です。
     
     
    Source:Apple via MacRumors
    Photo:Amazon
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次