SNSへの投稿が原因で罰金最大1,400万円!UAE検察庁が警告

    uae pp logo

    uae pp logo
     
    中東メディアGulf Newsは今月、アラブ首長国連邦(UAE)では、サイバー犯罪防止法により、FacebookTwitter等のSNSへの有害な投稿について、最大で約1,400万円の罰金を課す可能性があると報じています。

    有害な投稿には高額の罰金

    UAEの連邦検察庁は10月13日、公式Twitterを更新し、SNSでの他者への侮辱や中傷等の有害な投稿を防止するため、有害な投稿を行った者には、サイバー犯罪防止法に基づき25万UAEディルハム(約710万円)以上50万UAEディルハム(約1,420万円)以下の罰金を課し、刑務所に投獄する可能性があると国民に警告しています。
     


     
    Gulf Newsによると、「有害な投稿」には、侮辱や中傷に加え、脅迫的な行為やフェイクニュースの拡散等が含まれ、ポルノ画像等の有害な画像の掲載や、投稿を行ったホームページの運営者責任者等も処罰対象となる模様です。
     
    UAEではSNS上での犯罪行為が近年増加しており、UAEのアブダビ首長国では、2018年に357件、2019年には512件の犯罪が報告されています。また、アブダビの司法長官は今年4月、SNSを悪用し、公共のモラルに反するビデオを投稿したとして、2名の逮捕命令を発出するなど、実際に処罰対象となる事例も既に発生しています。
     
    UAEの加盟国には、日本人観光客に人気のドバイが含まれており、SNSに有害な投稿を行った場合には、日本人も高額な罰金の対象となる可能性があるため、ドバイでのSNSの利用には細心の注意が必要です。
     
    SNSについては、アメリカ大統領選挙期間はTwitterのリツイート機能の仕様が変更されるなど、世界的にSNSの重要性や社会的影響の大きさが再認識されており、今後の各国政府の対応が注目されます。
     
     
    Source:UAE連邦検察庁 / Twitter via Gulf News
    (seng)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    海外経験を活かし2020年からライターとして活動中。日々のお得情報から海外事件まで幅広くカバー。iPhone12 miniを愛用し、iPhone歴通算10年、Android通算5年程度。格安ガジェット好き。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次