Google、今月末に検索機能の大幅改善を示唆〜入力ミスでも問題なしに?

    google 検索

    google 検索
     
    Googleは、オンラインで催した「Search On」イベントの中で、今後展開予定の新しい検索機能について明らかにしました。新しい人工知能(AI)アルゴリズムを使用することで、入力ミスに的確に対応し、検索結果の向上につながることが期待されています。

    3ミリ秒で入力ミスを修正してくれる?

    Googleの検索部門を率いるプラブハカー・ラグハヴァン氏によれば、Googleの日々の検索クエリ(照会)の15%はこれまでGoogleで調べられたことがないもので、Googleは検索結果の向上に努めているとのことです。
     
    「15%の未検索キーワードのうちの一部は入力ミスである」とGoogleのエンジニアリング部門のバイスプレジデントのキャシー・エドワード氏は述べています。そして、Googleの検索クエリの実に10に1つに入力ミスがあるそうです。
     
    Googleは「もしかして(did you mean)」機能で、正しい入力提案をこれまでも行ってきましたが、この機能に680万のパラメータをニューラルネットワークで処理する新しいスペリングアルゴリズムを使用した、大幅なアップデートが今月末までに加えられる見通しです。検索ごとに要する時間はわずか3ミリ秒で、入力ミスの際の提案の精度の向上を、Googleは約束しています。

    Webページの中から検索への答えの部分を抜き出す機能も

    Googleで検索を行う際、これまでは特定のキーワードやフレーズ検索に対して、Webページがまるごと答えとして表示されてきましたが、Webページの中から質問に関連する部分のみを抜き出して表示してくれる「パッセージ(Passages)」機能も追加されます。
     
    google 検索
     
    また、検索結果の向上を図るため、検索内容のサブトピックへの落とし込みもAIが助けてくれます。例えば、単に「トレーニング・ギア」の情報を検索するのではなく、「小さいアパート用にデザインされた家庭向けエクササイズ用品」を探してくれるといった具合です。

    動画の自動分割機能

    Googleは、コンピュータビジョン(CV)と音声認識を使用し、動画に自動でタグをつけ、分割する機能も開発中であると明かしています。例えば、レシピ動画やスポーツ動画を自動でチャプターごとに分けてくれ、検索結果との照合を行ってくれます。
     
    google 検索
     
     
    Source:Google via The Verge
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次