トップページ > 最新情報 > Google、鼻歌や口笛での楽曲検索機能がアプリとアシスタントで利用可能に
2020年10月16日 16時14分

読了まで 139

Google、鼻歌や口笛での楽曲検索機能がアプリとアシスタントで利用可能に

hum to search


 
Googleは現地時間の10月15日、短く鼻歌で歌ったり、口笛で吹くだけで詳細のわからない楽曲の検索を行ってくれるHum to Search」機能が、AndroidとiOSアプリ、Googleアシスタントで利用可能になった、と公式ブログで発表しました。

鼻歌はピッチが合っている必要なし?

Hum to Search」機能を使用するには、単純に「この曲は何?(What’s the song)」とGoogleに訊くか、「楽曲検索ボタン」を押して、楽曲の中で耳に残っている箇所を歌います。Googleは鼻歌と楽曲とのマッチ率にもとづき、楽曲提案をしてくれるので、タップして曲を聴くことができます。
 

 
Googleいわく、機械学習モデルを使用することで、オーディオを楽曲のメロディを示す数字ベースのシーケンスへと変換しているとのことです。その後、既存の楽曲との比較が行われます。
 
Googleのモデルは、歌声、口笛、鼻歌、そしてスタジオ録音の音源に対応しており、楽器やボーカルを削ぎ落とし、楽曲の数字的な並びのみに焦点を当てています。それゆえ、絶対音感がなくても検索機能は機能するようです。
 
 
Source:Google via The Verge
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる