iPhone12シリーズにも搭載される日本版GPS「みちびき」で位置精度はよくなる?

    人工衛星

    人工衛星
     
    日本時間の2020年10月14日にAppleからiPhone12シリーズが発表されました。今回は史上最多の4機種が一斉に発表されましたが、それら全ての機種が例年どおり「QZSS(Quasi-Zenith Satellite System)」に対応しています。
     
    【2020/10/14 21時55分】記事公開時、「iPhone11/iPhone11 Proシリーズ」は「みちびき」(QZSS)に「非対応」と記載しておりましたが、正しくは「対応」しています。また、iPhone12シリーズから新たに「みちびき」(QZSS)に対応したかのような誤解を与える表現がありましたことをお詫びして訂正します。「GNSS」にはさまざまな定義がありますが、少なくともiPhoneとしては、数年前から「みちびき」(QZSS)に対応していることを確認しています。

    iPhone12シリーズは日本版GPSに対応!

    「QZSS」とは、準天頂衛星システム「みちびき」のことで、日本版GPSともよばれる衛星測位システムです。衛星測位システムとは、衛星からの電波で位置情報を計算するシステムのことです。
     
    今回、発表されたiPhone12シリーズは4機種とも、GPSのほかに、「GLONASS」「Galileo」「QZSS」「BeiDou」に対応しており、みちびきに対応していることが判明しています。

    日本版GPS「みちびき」とは?

    みちびき
     
    みちびきは、2018年11月1日にサービスを開始しました。現在は、4機体制で運用していますが、将来的には7機体制での運用を目指しています。
     
    みちびきでは、GPSを補完する「衛星測位サービス」と呼ばれるものと「サブメータ級測位補強サービス」「センチメータ級測位補強サービス」と呼ばれる2つの補強サービスを提供しています。衛星測位サービスはGPSと同等の誤差ですが、サブメータ級測位補強サービスは誤差1〜2メートルであり、センチメータ級測位補強サービスはその名のとおり、静止体で誤差6〜12センチ移動体でも誤差12〜24センチの精度となっています。

    対応したスマホで位置精度は数センチになるの?

    では、みちびきに対応した、iPhone12シリーズは高い位置精度で利用することができるのでしょうか。残念ながら、現在、みちびきに対応したスマートフォンで利用されているのは、衛星測位サービスのみであり、誤差数センチの高い位置精度を享受することはできません。先述の2つの補強サービスを利用するには対応の受信機が必要です。
     
    iPhone12シリーズにおいて、みちびきのサービスがどこまで対応するのかは未だ不明ですが、仮に衛星測位サービスのみの対応であっても、位置情報の安定的な取得に貢献します。これは、みちびきが天頂付近に長時間留まるため、ビルの谷間や山間部などでは、GPSのみを利用するよりも位置情報が安定的に得られるからです。
     
    結論としては、国内での利用を想定した場合、ビルの谷間山間部などでの位置精度の向上が見込まれます。いまや地図としても大きな役割を果たすiPhoneですから、自分の位置が正確にわかる方がよいでしょう。同時に、位置情報を用いた数多あるサービスの向上にも寄与しそうです。
     
     
    Source:内閣府 宇宙開発戦略推進事務局(1), (2)
    Photo:いらすとや
    (藤田尚眞)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次