トップページ > 最新情報 > Apple、EarPodsを値下げし2,000円で販売
2020年10月14日 11時34分

読了まで 154

Apple、EarPodsを値下げし2,000円で販売

EarPods


 
Appleは現地時間10月13日、iPhone12シリーズを正式発表し、電源アダプタとEarPodsの同梱が廃止されることが明らかになりました。これに伴い同社はLightningコネクタ付きのEarPodsの価格を、29ドルから19ドル(日本では2,800円から2,000円)に値下げしました。

iPhone11などでも電源アダプタとEarPodsは付属せず

現地時間10月13日より、iPhone11、iPhone XR、iPhone SEにおいても、電源アダプタとEarPodsは付属されない状態で発売されています。
 
AppleのWebサイトでは、今使用しているApple電源アダプタとヘッドフォンを利用するか、別売りのアクセサリを購入するよう呼びかけています。同社はユーザーの費用負担を軽減するため、Lightningコネクタ付きのEarPodsの価格を29ドルから19ドル(日本では2,800円から2,000円)に値下げしました。
 
iPhone用のUSB-C電源アダプタについても、これまでの18Wに代えて20Wを発売、価格を2,800円から2,000円に値下げしています。

同梱品の削減で環境に配慮

Appleは、EarPodsと電源アダプタを同梱しないことは環境への配慮に繋がるとし、二酸化炭素排出量が軽減され、レアアースの採掘と使用の必要性を減らすことができると述べています。また、同梱品が削減され外箱を小型化することで、輸送時の環境負担が軽減されると主張しています。
 
同社は世界中には20億以上のApple電源アダプタが存在しているとし、また多くの顧客がAirPodsのようなワイヤレスヘッドフォンを利用するようになっていると述べています。
 
 
Source:MacRumors
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる