2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    HomePodとHomePod mini、価格以外の違いは?

    HomePod mini

    HomePod mini
     
    Appleがオンラインイベントで発表したHomePod miniはHomePodより2万円以上低い価格が設定されています。ではHomePod miniとHomePod、価格以外の違いはどこにあるのでしょうか

    共通機能も多い

    現在HomePodは3万2,800円(税抜き)で販売されており、HomePod miniは1万800円(同)で11月16日から販売されます。HomePod miniは低価格を実現するために、いくつかの機能が省略されているのですが、逆にHomePod miniにのみ搭載される機能もあります。双方の性能、機能を比較していきます。
     
    まず双方に共通してる機能が「マルチルームオーディオ」、「ペアステレオ」、「Siri」、「インターコム」、「スマートホームハブ」です。
     
    マルチルームオーディオは複数の部屋に設置されたHomePodを同期して同時に再生する機能であり、部屋を移動しても音楽を途切れずに楽しめます。またペアステレオはHomePodを2台設置してステレオで音楽などを楽しめる機能で、複数のスピーカーを制御する機能はHomePodにもHomePod miniににも搭載されています。
     
    さらにSiriスマートホームのハブ機能も共通して使え、新機能であるインターコム(HomePodやiPhoneなどを家族同士の連絡に使える機能)も11月以降のソフトウェアアップデートで共通して使えるようになります。

    空間認識の有無

    HomePodの大きな特徴である空間認識機能はHomePod miniでは使えません。HomePodは自動で音響を検知して部屋の形などの空間を検出し、最適な音響空間を作り上げることができますが、この機能はHomePod miniには搭載されません。
     
    Apple HomePod
     
    空間認識ができないことでHomePod miniではApple TV 4Kと連動させたホームシアター機能も使えません。これに加え内部のスピーカー構成もHomePod miniは少し簡略化されており、HomePodのような迫力のある音質とはならないと考えられます。
     
    HomePod mini
     
    一方でU1チップ搭載端末(iPhone 11以降の機種)の接近を検知するセンサーがHomePod miniには搭載されており、端末を近づけるだけでユーザーの好みに合った曲が再生されるといった機能が使えます。価格は安いとはいえ、HomePod miniだけの機能もあります。
     
    そのため音質や音響にこだわって多少の出費も厭わないならHomePod、家に複数台設置し、スマートホームをこれまで以上に便利にし、家族みんなで使うなら価格の安いHomePod miniが向いていると思われます。
     
     
    Source:9to5Mac
    (KAZ)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次