トップページ > Apple Watch > バッテリー問題を修正したwatchOS7.0.2がリリース
2020年10月13日 03時52分

読了まで 140

バッテリー問題を修正したwatchOS7.0.2がリリース

watchOS7.0.2


 
Appleは現地時間10月12日、watchOS7.0.2をリリースしました。一部ユーザーが悩まされていた、バッテリー残量が急激に減る問題が修正されています。

バッテリー問題などが修正

watchOS7.0.2は、watchOS7がリリースされてから、watchOS7.0.1に次ぐ2回目のアップデートとなります。
 
今回のアップデートでは、一部ユーザーから報告があった、バッテリー残量が急激に減少する問題や、心電図(ECG)アプリにアクセスできない(利用可能な地域において)問題を含む、バグが修正されています。

Apple Watch Series 3でも問題解決か?

watchOS7がリリースされた直後、同OSにアップデートした一部のApple Watch Series 3で、パフォーマンスの低下、頻繁なリブートなど、複数のバグが発生していることが報告されました。
 
その後watchOS7.0.1がリリースされましたが、同OSでも上記の問題が解決されないケースが多かったようです。
 
今回のwatchOS7.0.2により、Apple Watch Series 3での問題が解決されているかどうか、ユーザーからの報告が待たれます。

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる