トップページ > 最新情報 > Office 365、11月10日にmacOS High Sierraのサポート終了
2020年10月7日 01時40分

読了まで 151

Office 365、11月10日にmacOS High Sierraのサポート終了

office-mac-touchbar


 
Microsoft関連のコミュニティサイト、OnMSFTによれば、Microsoftは2020年11月10日付けで、Office 365でのmacOS High Sierraのサポートを終了するようです。11月10日以降、Office 365は、macOS Mojave(10.14)、macOS Catalina(10.15)、macOS Big Sur(11.0)のみをサポートします。

11月10日以降も使用可能だがセキュリティ更新なし

OnMSFTによれば、Office 365メッセージセンターで、Microsoftは次のように述べています。
 

Microsoft 365 for Macにおいて、2020年11月の更新以降、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、およびOneNoteの最新版を使用するには、macOS Mojave(10.14)以降のmacOSが必要です。古いバージョンのmacOSを引き続き使用する場合もOfficeアプリは動作しますが、セキュリティ更新を含むアップデートは通知されません。

Office 365は最新の3バージョンのみサポート

Office for Macは、macOSの3つの最新バージョンしかサポートしません。macOS Big Sur発表後は、macOS High Sierraがサポートから外れることになります。これまでの慣例通りであれば、macOS Big Surは遅くても、2020年11月には発表されることになります。
 
 
Source:OnMSFT via iMore, Windows Central, Microsoft
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる