トップページ > iPad > iPad Air 4搭載A14 BionicのGPUスコアも登場、A13から72%増
2020年10月5日 19時36分

読了まで 20

iPad Air 4搭載A14 BionicのGPUスコアも登場、A13から72%増

Apple A14 performance_03


 
iPhone12やiPad Air(第4世代)のリリースが近づくにつれ、デバイスの性能を数値化するベンチマークサイトでも、搭載されているA14 Bionicチップの登録が複数行われています。

GPUスコアは大幅増加

先日もiPad Air(第4世代)のA14 BionicチップのGeekbench 5スコアが登場し、シングルコアが1,583、マルチコアが4,198であることが分かりました。A13が1,329、マルチコアで3,468だったことを踏まえると、前モデルからそれぞれ19%増、21%増となっています。一般的にシングルコアのスコアは単純演算、マルチコアは高負荷な複雑演算の指標として用いられます。
 
今回新たに明らかになったのは、A14 BionicのGPUスコア(Metalスコア)で、Geekbench 5では12,571ととなっています。GPUはゲームや拡張現実(AR)、仮想現実(VR)のグラフィック描写に用いられ、スコアが高いほど細密な描写が可能とされています。
 
a14 bionic ipad air 4 geekbench 5
 
A13 BionicのGPUスコアは7,308なので、一世代前のA13 Bionicから72%増と大きくグラフィック性能が向上していることが分かります。
 

  • A14 Bionic (iPad Air 4): 12,571
  • A12Z Bionic (2020 iPad Pro): 11,665
  • A12X Bionic (2018 iPad Pro): 10,860
  • A13 Bionic (iPhone11): 7,308
  • A12 Bionic (iPad Air 3): 5,242

 
2020年のiPad Proに搭載されているA12Z Bionicですら11,665であることを思うと、A14 Bionicを搭載したiPad Air 4のコストパフォーマンスの高さが改めて如実に表れた格好です。
 
 
Source:Wccftech,9to5Mac
(kihachi)

カテゴリ : iPad, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる