トップページ > 最新情報 > TikTok、米国による制裁にも関わらず世界で最もダウンロードされたアプリに
2020年10月2日 16時09分

読了まで 22

TikTok、米国による制裁にも関わらず世界で最もダウンロードされたアプリに

tiktok


 
モバイル向けショートビデオアプリTikTokは、米国による制裁の対象となっており、米企業への売却が実現しなければ米国でサービス停止が言い渡されるなど、政治的な煽りを受けていますが、2020年8月に世界で最もダウンロードされたアプリとなったことが、調査会社Sensor Towerの調査で明らかになりました。

アプリはインドネシアとブラジルで特に人気

Sensor Towerによれば、2020年8月にTikTokのインストール数は6,340万件を記録し、前年同月比で1.7%増となりました。TikTokはApp Store、Google Playストアの両方で、トップのソーシャルメディアアプリとなっています。
 
sensor tower tiktok
 
TikTokが特に人気を博したのはインドネシアとブラジルで、アプリのダウンロード数は総ダウンロード数の11%と9%をそれぞれ占めました。Instagram、Facebook、Snapchat、Pinterestが2位以下トップ5となっています。

TikTokのダウンロード禁止措置は一時的に差し止め中

トランプ大統領は、OracleとWalmartが提示したTikTokとの提携案を受け入れた、と9月中旬に伝えられました。OracleがTikTokのクラウドプロバイダーとなり、少数株主として12.5%のTikTok株式を保有し、Walmartが7.5%の株式を保有、同社最高経営責任者(CEO)のダグ・マクミロン氏が新たに設立されるTikTok米事業の役員会メンバーを務める案です。
 
しかしながら、その後大統領は暫定的な提携案の承認を撤回する可能性を示唆しており、「ByteDanceが経営権を保持する場合、提携案は認められない」とコメントしました。
 
TikTokは、現地時間の9月27日に米国内でダウンロード禁止となる予定でしたが、中国企業側が不当であると差し止めを求めていました。米裁判所は訴えを一部認め、禁止措置は一時的に保留となっています。
 
 
Source:Sensor Tower via Cult of Mac
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる