トップページ > 最新情報 > Apple WatchでワークアウトのGPSデータが正しく記録されないバグの修正方法
2020年10月1日 17時00分

読了まで 156

Apple WatchでワークアウトのGPSデータが正しく記録されないバグの修正方法

apple watch


 
watchOS7をインストールしたApple WatchとiOS14の組み合わせで、ワークアウト系アプリでGPSを使ったトラッキングがうまくできないとの報告が先週ありました。Appleは9月30日、バグの修正にはiCloudのバックアップデータからの復旧が必要、とサポートページで解決策を公開しました。

Apple WatchとiPhone両方の復旧が必要

最新OSをインストールしたApple Watch上で、純正ワークアウトアプリやサードパーティーアプリStravaなどでGPSを使ったトラッキングデータが記録されない問題ですが、バグの修正は少々荒っぽい方法を取る必要があるようです。
 
まずは、iPhoneからApple Watchのペアリングを解除します。
 

  1. iPhoneでWatchアプリを開きます。
  2. My Watchタブをタップし、すべてのWatchをタップします。
  3. ペアリングを解除したいApple Watchの隣の情報ボタンをタップします。
  4. Apple Watchのペアリングを解除します。

 
Apple Watchのすべてのコンテンツと設定を削除する前に、iPhone上でApple Watchのバックアップデータが作られます。Apple Watchの復旧にはそのバックアップデータを使用します。
 
その後、iCloudに十分な空き領域があること、ヘルスケアが有効になっていることを確認し、iPhoneからiCloudのバックアップを行います。
 
iPhoneで設定アプリを開き、一般をタップし、リセットを行い、すべてのコンテンツと設定を削除します。
 
iPhoneの電源を入れ、iCloudバックアップから復旧を行います。
 
 
Source:Apple via AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる