トップページ > 最新情報 > 「South of the Circle」がApple Arcadeに近く登場
2020年9月30日 04時50分

読了まで 214

「South of the Circle」がApple Arcadeに近く登場

south of the circle


 
60年代の南極が舞台のナラティブ・アドベンチャー・ゲーム「South of the Circle」が、Apple Arcadeで近日中に配信開始となります。

豪華な主要キャスト陣

「KAMI 2」「INKS」「Lumino City」などを手がけた英ゲームスタジオState of Playの新作ゲーム「South of the Circle」は、ミッドセンチュリーのスクリーン印刷的なスタイルが特徴となっています。
 
ゲームの舞台は1964年代の南極で、英ケンブリッジ大学所属の研究者ピーターが、墜落した飛行機から脱出し、生き残りをかけ、荒涼とした地帯を、イギリス、ノルウェー、ソビエトの南極基地を目指して渡り歩きます。記憶、サバイバル、そして、過去と向き合わなかったことによる当然の帰結が描かれます。
 

 
感情をリアルに表現するため、完全モーションキャプチャーが採用されており、主要キャストは、グウィリム・リー(『ボヘミアン・ラプソディ』)、オリヴィア・ヴァイナル(『白衣の女』)、リチャード・グールディング(『ベルグレイヴィア』)、アントン・レッサー(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、エイドリアン・ローリンズ(『チェルノブイリ』)、マイケル・フォックス(『ダウントン・アビー』)が演じています。
 


Apple Arcadeには定期的に新作ゲームが追加されており、9月半ばにはアクションベースのパズルゲーム「Marble Knights」がリリースされました。
 
Apple Arcadeの月額料金は600円(税別)で、家族6人までサブスクリプションを共有することができます。
 
 
Source:MacRumors
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる