Apple、今年は韓国でiPhone12を例年より早く発売か

    iPhone12 concept_Michael Ma_01

    iPhone12 concept_Michael Ma_01
     
    Appleは10月発売が期待される新型iPhone(iPhone12シリーズ)を、今年は韓国において例年よりも早いスケジュールで発売する見通しだと、現地メディアThe Korea Heraldが報じています。

    例年は1カ月遅れで発売

    Appleは例年、新型iPhoneの発売にあたり、複数の国をグループ分けし順次販売を開始しています。韓国は通常第1次発売国には入っておらず、同国ではこれらの国々から1カ月遅れで新型iPhoneが発売されてきました。
     
    たとえば2019年の場合、米国や日本などの第1次発売国では9月20日にiPhone11シリーズが発売となりましたが、韓国の小売店に並んだのは10月25日です。

    韓国が1次発売国リスト入りか

    しかしThe Korea Heraldが入手した情報によると、今年は韓国が1次発売国リスト入りする可能性が高いようです。韓国の通信キャリアが、10月末〜11月初めのiPhone12シリーズ発売に向けて準備を進めていると、同メディアは伝えています。
     
    その理由として挙げられているのが、韓国における5G網の導入の速さです。同国では2019年4月より、5Gの商用サービスが始まっています。5G対応となるiPhone12シリーズを、すでにさまざまな5Gサービスがスタートしている韓国でいち早く発売したいというのが、発売時期を例年より早める理由のようです。
     
    Appleは次期iPhoneの発表・発売日を明らかにしていませんが、10月13日のイベントで発表され、10月23日に発売となるとの説が有力です。

     
     
    Source:The Korea Herald
    Photo:Michael Ma(@apple_idesigner)/Twitter
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次