トップページ > 最新情報 > NHS、COVID-19追跡アプリをイングランドとウェールズで公開
2020年9月24日 16時19分

読了まで 151

NHS、COVID-19追跡アプリをイングランドとウェールズで公開

NHS COVID-19


 
英政府は9月24日、国民保健サービス(NHS)の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の接触者追跡アプリをリリースしました。AppleとGoogleが共同開発したExposure Notifications APIがベースとなっています。

アプリは多数の言語に対応

iOSで「NHS COVID-19」をダウンロードするには、iOS13.5以降をインストールしている必要があります。
 
アプリの利用対象者は、イングランドとウェールズ在住者で、16歳以上となっており、レストランなど多くの人々が集まる施設を訪れた際にそのことをQRコードスキャナーで記録する機能も装備しています。
 
利用可能言語は、英語、ウェールズ語、ベンガル語、ウルドゥー語、グジャラート語、パンジャーブ語、簡体字中国語、ルーマニア語、トルコ語、アラビア語に対応しており、今後さらに追加される見通しです。
 
アプリは現在、英App Storeのメディカルカテゴリで1位となっています。

スコットランドでもアプリが公開

スコットランドのNHSは9月上旬、COVID-19の接触者追跡アプリ「Protect Scotland」を公開しました。
 
基本原理は他国のアプリと同じで、Bluetooth越しに匿名かつ暗号化されたランダムなコードをデバイス同士が交換し合うことで、定められた距離以内で一定時間をともに過ごしたユーザーを接触者として記録します。
 
Protect Scotlandの場合、2メートル以内で15分間以上ともに過ごしたユーザーが接触者として認識されます。
 
 
Source:9to5Mac, Apple
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる