ソニー、「Xperia 5 II」の商品化を発表!今秋以降に発売予定

    xperia

    xperia
     
    ソニーは9月17日、5G対応の新型スマートフォン「Xperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)」を商品化すると発表しました。2020年秋以降に発売される予定です。

    高性能ディスプレイを搭載

    display
     
    Xperia 5 IIのディスプレイは約6.1インチで、今年発売のXperia 1 II(約6.5インチ)よりコンパクトになっており、HDR対応有機ELディスプレイを搭載しています。縦横比が21:9のため、特に映画やミュージックビデオの視聴に優れています。
     
    ソニーが販売するテレビ「ブラビア」で培った画像処理技術により、SDRの映像をHDR相当の画質で表示できる「HDRリマスター」機能を搭載しているため、HDR未対応の動画を閲覧する際にも、従来よりも美しく表示することが可能です。

    3眼カメラを採用

    camera
     
    背面カメラには3眼カメラを採用しており、いずれも35mm換算で焦点距離24mmの標準レンズ(F1.7)、70mmの望遠レンズ(F2.4)、16mmの超広角レンズ(F2.2)を搭載しています。超広角レンズと望遠レンズを装備することで、屋内等の画角が限定される場面等、幅広いシーンに対応可能なレンズ構成となっています。
     
    有効画素数は全てのレンズで約1,220万画素で、標準レンズには1/1.7″の大判センサーを搭載しているため暗所での撮影も得意な機種となっています。

    本格的な撮影も可能

    photo
     
    Xperia 5 IIには、ソニーが一眼レフカメラ「α」シリーズで培ったAF(オートフォーカス)機能、AE(自動露出制御)機能が搭載されており、AIにより被写体の「瞳」にピントを合わせる機能を有しています。
     
    毎秒60回のAF/AE演算を行うことで、動く被写体に対しAF/AEを継続しつつ、最高で毎秒20コマの高速連写を実現しているため、子どもや動物など動きがある被写体に対しても、シャッターチャンスを逃さずに撮影することができます。
     
    メインカメラにはZEISSレンズを搭載し、撮影アプリ「Photography Pro」ではマニュアル露出や、撮影モードダイヤルによるシャッタースピード優先オート等の設定や、ホワイトバランス、ISO感度の変更を行うことができ、本格的な撮影にも対応可能です。
     
    さらに動画撮影においては、世界で初めて24K HDR品質で毎秒120コマのスローモーション撮影に対応しています。
     
    このほか、CPUにSnapdragon 865を搭載し、メモリは8GB(RAM)/128GBまたは256GB(ROM)を採用することで、動作速度や処理能力が向上しています。
     
    Xperia 5 IIの日本での販売価格や詳細な発売日は現時点では未公開となっており、今後の発表が注目されます。
     
     
    Source:Sony
    Photo:Sony
    (seng)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    海外経験を活かし2020年からライターとして活動中。日々のお得情報から海外事件まで幅広くカバー。iPhone12 miniを愛用し、iPhone歴通算10年、Android通算5年程度。格安ガジェット好き。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次