2020年9月16日 03時59分

読了まで 158

「ファミリー共有設定」複数のApple Watchを1台のiPhoneで管理可能に

Apple Watch ファミリー共有設定


 
は現地時間9月15日に開催したにおいて、1台のiPhoneに、子どもや高齢者が着用しているも合わせてペアリングできる「ファミリー共有設定」を発表しました。watchOS7で利用可能となります。

ファミリー共有設定とは

ファミリー共有設定により、家族の誰か1人がiPhoneを所有していれば、他の所有していないメンバーでも、Apple Watchの機能がフルに利用できるようになります。
 
セルラー対応Apple Watchを着用している家族は、iPhoneを持っていなくても、通話、FaceTimeの利用、メッセージやメールの送受信などが行なえます
 
Apple Watch用のApp Storeから直接アプリをダウンロードする、を聞く(サブスクリプションしていれば)、アクティビティリングを使うなど、Apple Watchの全機能を利用することができます。

子どもや高齢者の着用を想定

子どもにApple Watchをもたせる場合は、授業中はアプリにアクセスできないようiPhone側で設定する、通話やメッセージのやり取りをする相手を制限するといったことも可能です。
 
そして高齢な家族が着用する場合は、転倒通知機能や心拍数の異常通知機能が役立ちます。また運動状態もiPhoneからチェックできるので、身体を動かすよう促すことも出来ます。もちろん現在地も把握可能です。

watchOS7で利用可能に

ファミリー共有設定は、watchOS7の(現地時間9月16日予定)とともに利用可能となります。ただし同設定を利用するには、iOS14をインストールしたiPhone6s以降のiPhoneが必要です。
 
またファミリー共有設定は、当面は世界12各国18キャリアのみの対応となる見通しです。

 
 
Source:Apple
(lunatic)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報   タグ : , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる