「ワールズエンドクラブ」がApple Arcadeで配信開始!

    ワールズエンドクラブ

    ワールズエンドクラブ
     
    イザナギゲームズが手掛けた「ワールズエンドクラブ」がApple Arcadeでリリースされました。壮大なストーリーと2D横スクロールパズルアクションが融合した新たなアドベンチャーアクションゲームです。

    アドベンチャーゲームの鬼才2人がタッグ

    ワールズエンドクラブ」は、シナリオはゼロエスケープシリーズの打越鋼太郎、クリエイティブディレクターはダンガンロンパシリーズの小高和剛が担当した、アドベンチャーゲームの鬼才2人がタッグを組んだ作品です。
     
    2D横スクロールパズルアクションとストーリーアドベンチャーが融合したゲームで、かんたんな操作が特徴となっています。
     
    物語の要所では、プレーヤーの選択により次の目的地とストーリーが分岐するようになっています。日本各地の様々なロケーションが舞台となっており、12人の少年少女たちによる魅力的なキャラクターが予測不能のシナリオを展開します。
     

     
    ゲームのあらすじは次のとおりです。
     

    東京のとある小学校に、全国からおちこぼれだけが集められた「がんばれ組」と呼ばれるクラスがある。
    れいちょ達はそんなクラスに所属する、ちょっと周りと変わった子供だ。
    ある夏の日のこと。
    彼らが修学旅行に向かう途中、乗ってたバスが落石事故に巻き込まれる。
     
    目覚めると、そこは海中に建造された遊園地。
    だいぶ前に閉園し、人気のな寂れた廃墟のような場所にれいちょ達は閉じ込められる。
    そこで、どこからともなく現れた謎のピエロ、仲間同士で「殺し合いのゲーム」をするように命じられる!
    事態を飲み込む間もなく、その命がけのゲームに巻き込まれる一同。
     
    このあまりにも異常な局面を、子供達だけでどう乗り切っていくのか?
    途方に暮れる一同だったが・・・
    そんな中、彼らに不思議な能力が目覚め始める。
    一方その頃・・・
    地上では「ある異常な事態」が発生していた。

     
    Apple Arcadeには定期的に新作ゲームが追加されており、先週は失われた残り火の物語「The Last Campfire」がリリースされました。
     
    Apple Arcadeの月額料金は600円(税別)で、家族6人までサブスクリプションを共有することができます。
     
     
    Source:Apple via MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次