トップページ > 最新情報 > MacBookがVAIO XR、A12のようなチルト機構を搭載する? 新しい特許
2020年9月2日 12時05分

読了まで 150

MacBookがVAIO XR、A12のようなチルト機構を搭載する? 新しい特許

VAIO XR
 
将来のMacBookには、VAIO XRVAIO A12が採用していたような、ディスプレイを展開するとキーボードがチルトするメカニズムを搭載するかもしれません。

チルトメカニズムに関する新しい特許を取得


 
Appleが米国特許商標庁(USPTO)にて取得した特許は、「ポータブル電子機器のリンク機構」という題名がつけられており、MacBookのキーボードに傾斜をつけてタイピング環境を改善しようとするものです。
 
本特許に記載されたメカニズムは、デスクトップ用キーボードのように、MacBookのボトムケースにスタンドをつけてそれを起こすことで本体奥側を持ち上げ、傾斜を作るものとは異なります。
 

 
Appleが取得した特許には、「ボトムカバーを除く本体全体が、ディスプレイ展開時にチルトするリンク機構を持つもの」「パームレストとボトムカバーを除く本体全体が、ディスプレイ展開時にチルトするリンク機構を持つもの」の2つの例が示されています。

VAIO XRやVAIO A12が搭載していたチルト機構


 
VAIO XR 2
 
ディスプレイを開くとチルトするメカニズムは、VAIOにも「VAIO XRのインタークーラーフラップ」「VAIO A12のスタビライザーフラップ」などが搭載されていました。
 
Appleが構想中のメカニズムは、ボトムケースから分離して本体をチルトさせるという点で、より複雑なリンク機構になっているようです。
 
 
Source:USPTO via AppleInsider, SONY, VAIO
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる