Apple Watch、AirPodsなどのウェアラブル製品が市場で高い販売実績を維持

    iPhone12 EAP9

    iPhone12 EAP9
     
    調査会社IDCは、2020年第2四半期(4月〜6月)のウェアラブル市場おいてAppleが、Apple Watch、AirPods、Beats製品の好調な販売実績により、市場での競争を優位に進めたと報告しています。

    ウェアラブル市場全般

    20Q2 wearable
     
    IDCによれば、2020年第2四半期(4月〜6月)のウェアラブル市場は前年同期比で14.1%拡大、出荷台数は7,550万台から8,620万台へと増加しています。
     
    IDC+chart
     

    ヒアラブル市場

    ヒアラブル製品市場は32.6%の伸びを示し、2020年第2四半期(4月〜6月)におけるウェアラブル市場全体の60%を占めました。Appleはこの市場においてAirPodsとBeats製品が好調で、両製品合わせて2,370万台出荷しました。
     
    ソニー、Bose、Jabraなどヘッドホン・メーカーは、AppleとSamsung、Xiaomiなどのスマホメーカーと比べ順位は低いものの、プレミアム市場に焦点を当てているとIDCは報告しています。
     

    スマートウォッチとリストバンド

    20Q2 wearable total
     
    ウェアラブル市場全体に占めるスマートウォッチとリストバンド(フィットネストラッカー)の比率は39.2%と、2019年第2四半期(4月〜6月)実績である46.8%から減少しました。出荷台数も3,370万台と前年同期比で4.4%減少しています。この市場ではApple、Huawei、Xiaomiが好調な一方、Fitbitの出荷台数が減少しています。
     
    IDCによれば、Fitbitは潜在的な病気の兆候を検出する機能への投資を進めているとのことです。
     
     
    Source:IDC via AppleWorld.Today
    Photo:EverythingApplePro/YouTube
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次