Apple、AirPodsの売上を伸ばすも中国ブランドに押され市場シェアは低下気味

    airpods pro

    AirPods Pro apple
     
    AppleはワイヤレスイヤホンAirPodsの売上台数を順調に伸ばしており、今年は前年と比べて3分の1増加する見通しですが、他の中国ブランドが勢いを増してきており、市場シェアは低下している、とBloombergが伝えています。

    AirPodsの市場シェアは約半分から35%へと低下

    完全ワイヤレスステレオ(TWS)のカテゴリを定義づけたAirPodsは、2019年には市場シェアのほぼ半分を占め、今年は売上台数をさらに伸ばし8,200万台に達すると調査企業Counterpoint Researchは予測しています。
     
    しかしながら、より廉価な中国のライバルイヤホンが次々に登場してきており、現在AirPodsのシェアは35%にまで低下したことが明らかになっています。Appleに続くのは、Xiaomi(市場シェア10%)とSamsung(市場シェア6%)です。

    中国ブランドのライバルイヤホンとは?

    Bloombergは、AirPodsのライバルとして、2つの中国ブランドのイヤホンを記事の中で取り上げています。
     
    Lypertek TEVIは、AirPodsよりも着け心地が良く、音質が良いにも関わらず販売価格は90ドル(約9,540円)と廉価なため、人気を博しているとのことです。
     
    LYPERTEK TEVI
     
    1More True Wireless ANCは、AirPods Proよりも優れたノイズキャンセリング機能を搭載しつつも、価格は180ドル(約19,090円)に抑えられています。
     
    1More TRUE WIRELESS ANC
     
    また、Samsung Galaxy Buds Liveもノイズキャンセリング機能を搭載していますが、販売価格は170ドル(約18,000円)と、AirPods Proと比べて手が届きやすくなっています。Samsungによれば、販売開始から最初の数週間でBuds Liveを30万台出荷したとのことですが、多くはGalaxy Note20に同梱されていたようです。
     
    「中国ブランドを含むローエンドからミッドレンジのイヤホンと、JLabなどの米国メーカーがプレミアムワイヤレスイヤホン市場に食い込んできている」とCounterpointのアナリスト、リズ・リー氏はコメントしています。
     
     
    Source:Bloomberg
    Photo:Lypertek, 1More
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次