トップページ > 最新情報 > どう見てもガラス〜創業10周年のXiaomiが透明なTVを発表
2020年8月14日 23時07分

読了まで 149

どう見てもガラス〜創業10周年のXiaomiが透明なTVを発表

xiaomi TV 透明


 
夢にまでみた技術がついに現実となったのでしょうか。創業10周年を記念し、Xiaomiが文字通り背景が透けて見える、透明のTVを発表しました。

「ただのガラスディスプレイのよう」

世界スマートフォン市場で出荷台数TOP5にランクインし、インドではシェア1位を占めるXiaomiですが、実はスマートホーム構想の一環として、炊飯器や空気清浄機など家電の展開にも精力的です。そんなXiaomiが創業10周年を祝い、透明なスクリーンで構成された「Mi TV LUX OLED Transparent Edition」を発表しました。
 
スクリーンには厚さ5.7ミリメートルの55インチ透過有機EL(TOLED)ディスプレイが用いられており、まるで浮いているようです。通常のOLEDはバックライトや背面がなくとも、カソードと呼ばれる層が存在するために透明にはなりません。
 
xiaomi TV 透明
xiaomi TV 透明
 
公開された画像を見る限りでは、スイッチをオフにすると「ただのガラスディスプレイのように見える」とXiaomiが胸を張るだけある仕上がりです。オンにすると、リフレッシュレートが120Hz、応答速度は1ms、コントラスト比は150,000:1、DCI-P3カバー率93%の高性能TVへと変貌します。
 
現時点ではプレスリリースが行われたのみであり、細かい仕組み(コントラストはどうやって最適化されるのかなど)は不明ですが、発売地域は中国のみ、価格は4万9,999人民元(約76万6,600円)が予定されています。
 
 
Source:Xiaomi,The Verge
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる