トップページ > 最新情報 > iPhone12の販売予測、米アナリスト間で意見わかれる
2020年8月14日 11時05分

読了まで 226

iPhone12の販売予測、米アナリスト間で意見わかれる

iPhone12 Pro Apple Hub
 
Wedbush証券のアナリスト、ダン・アイブス氏のiPhone12に関する強気の販売見通しに対しTom’s Guideが、「5Gの普及状況や、新型コロナウイルス感染症の影響がまだ解消されていないことを考えると、その見通しは過大だ」と疑問を投げかけています。他のアナリストも、販売見通しについて慎重な姿勢を示しています。

各アナリストの意見

Tom’s Guideが、ダン・アイブス氏の販売見通しを中心に、他のアナリストの意見も紹介しています。各アナリストは、下記のように考えています。
 
Wedbush証券のアナリスト、ダン・アイブス氏
 

  • 市場に出回っている9億5千万台のiPhoneのうち、今後1年から1年半で3億5千万台が新機種に交換される
  • iPhone12は、iPhone6以来の重要な製品であり大きな需要を獲得するだろう
  • 消費者の購買意識も軟化している
  • ウォールストリート街はこれらを過小評価している
  •  

    テック系市場の調査・分析を行うTechSponentialのアビ・グリーンガート氏
     

  • iPhone11シリーズに機種変更せず、iPhone12 5Gモデルに期待しているユーザーは間違いなく大勢いる
  • しかし、新型コロナウイルス感染症の影響による経済の停滞により、iPhoneに対する需要は落ち込んでいる
  • 5Gに対応していることが、iPhone12を購入する大きな理由になるとは思えない
  • 世界中の多くの国で、5Gはまだ導入の初期段階だ
  •  

    市場調査会社Creative Strategiesのキャロライナ・ミラネージ氏
     

  • iPhone12は、機種交換の需要を喚起するだろう
  • 5GはT-Mobileが最も広いエリアに展開しており、それにAT&TとVerizonが追いつきつつある
  • しかし、今秋までに全米中で5Gが提供されるようにはならないだろう
  • 5Gが普及すれば、ストリーミングゲームのダウンロード速度が上がる、待ち時間も短くなるというメリットはあるが、それらを必要とするキラーアプリはまだ現れていない
  • Tom’s Guideの予想

    これらのアナリストの意見を踏まえTom’s Guideは、iPhone12の販売見通しについて楽観的になりすぎるべきではないと考えています。
     
    同メディアは、「このまま経済が停滞すれば、安価ながらも十分な機能を備えるiPhone SE(第2世代)や、Google Pixel 4aが人気を集めることも考えられる」と伝えています。
     
    アイブス氏は、5G非対応のiPhone12が2021年に発売されると予想していることから、5Gの普及が進んでいないエリアではこのモデルがiPhone12の販売を牽引し、シリーズ全体として大きな販売実績を獲得すると考えているのかもしれません。
     
     
    Source::Tom’s Guide, CNN
    Photo:Apple Hub/Twitter
    (FT729)

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる