トップページ > 最新情報 > Apple Carのウィンドウは、B787のような電気式調光ウィンドウになる?
2020年8月6日 13時15分

読了まで 148

Apple Carのウィンドウは、B787のような電気式調光ウィンドウになる?

apple car
 
Apple Carウィンドウは、ボーイング787のような電気式調光ウィンドウになる可能性があるようです。

新たに取得した特許の内容

Apple car window patent
 
Appleが現地時間2020年8月4日、米国特許商標庁(USPTO)にて自動運転車開発プロジェクト(Project Titan)関連の新たな特許を取得したことをPatently Appleが伝えています。この特許は、Apple Carウィンドウを電気的に調整可能なシステムにするというものです。
 
特許情報には、電気的に調整可能な光学層を合わせガラスの間に配置することで、各ウィンドウの光の反射率や透明度が変更できると記載されています。

ボーイング787のような電気式調光ウィンドウが実現?

Patently Appleは、本特許に基づくウィンドウを搭載したApple Carが登場した場合、窓の透明度を電気的に変更できたり、現在はヘッドアップディスプレイでフロントガラスに投影している映像を窓自体に組み込んだ表示層で映し出すことも可能になると予想しています。
 
ただし、Apple Car、Appleの自動運転車プロジェクト(Project Titan)は難航していると伝えられているだけに、本特許に基づいたウィンドウを搭載した実車が登場するのか不透明な状況です。
 
窓の透過率を電気的に調整できるようにした実例として、ボーイング787の電気シェードがあります。
 
 
Source:USPTO via Patently Apple, Forbes
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる