トップページ > 最新情報 > コロナ禍の大リーグ試合でApple、Google、ソニーが重要な役割果たす
2020年7月23日 00時02分

読了まで 28

コロナ禍の大リーグ試合でApple、Google、ソニーが重要な役割果たす

MLB


 
現地時間7月23日に開幕する今シーズンの米大リーグの試合において、AppleGoogleソニーなどのIT企業が、大きな役割を果たすことになりそうです。

AppleのiPadとGoogleのクラウド

今シーズンの試合は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で開幕が大幅に遅れただけでなく、試合形式も大きく変わります。
 
COVID-19の感染を防止するため、米大リーグはクラブハウス内へのテレビの設置(選手たちが試合を見るための)を禁じました。それに代わり、AppleiPadを各チームの選手とスタッフ向けに15台ずつ配布するとしています。
 
また大リーグの全30チームは、選手の動きを捉え、解析するためのツールStatcastを動作させるのに、Google Cloudを利用します。また同クラウドは、各チームのWebサイト運営やオンラインでのチケット販売にも活用されます。
 
MLB

無観客試合を盛り上げる大観衆の声

今季の大リーグの試合では、ソニーも重要な役割を果たします。
 
各球場にはソニーのホークアイ(審判補助システム)を備えた12台の4Kカメラが導入され、判定の公平性が高められます。
 
そして同社が提供するもうひとつの技術が「人工音声」です。
 
無観客で行われる試合を少しでも盛り上げるため、大リーグはソニーが自社のビデオゲーム用に制作した、大観衆の声を使用します。ソニーは75種類のサンプルを提供しており、大リーグは各チームにこれら音声サンプルを収めたiPadを供給、試合中に流す計画です。
 

 
 
Source:CNBC
Photo:MLB/Facebook
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる