トップページ > iPhone > iPhone12、EarPodsと充電アダプタ同梱しなくても50ドル高い?
2020年7月9日 06時57分

読了まで 157

iPhone12、EarPodsと充電アダプタ同梱しなくても50ドル高い?

EarPods 電源アダプタ


 
今秋発売見込みのiPhone12シリーズには、有線イヤホンEarPodsと充電アダプタが同梱されないと報じられ、その理由のひとつは販売価格をiPhone11シリーズ並みに抑えるためだと言われています。
 
しかしアナリストのジェフ・プー氏は、2点のアクセサリーの同梱をやめても、iPhone12の価格はiPhone11と比べ、50ドル高くなると予想しています。

iPhone12(5.4インチ)の価格は749ドルから

米メディアMacRumorsが入手したプー氏の調査メモによると、iPhone12(5.4インチ)の価格は749ドルからとなり、iPhone11の699ドル(日本では74,800円)と比べ50ドル高くなる計算です。プー氏はiPhone12の価格が高くなる主な理由として、5G対応となること、また有機EL(OLED)ディスプレイを搭載することを挙げています。iPhone11は液晶ディスプレイを搭載しています。
 
プー氏は「50ドル」という値上げは、5G対応ということで消費者に受け入れられ、需要には影響しないと見ています。しかしEarPodsと充電アダプタを省いてもまだ50ドル高いという状況は、論議を巻き起こすかも知れないとも述べています。

プロッサー氏の予想よりも高い

プー氏は5.4インチのiPhone12の価格にしか触れていませんが、この予想を発展させると、6.1インチのiPhone12 Maxは799ドルまたは849ドルからということになります。この50ドルの値上げが、ProおよびPro Maxモデルにも適用されるかどうかは不明です(iPhone11 Pro/Pro MaxはすでにOLED搭載)。
 
プー氏の予想価格は、FRONT PAGE TECHのジョン・プロッサー氏の予想よりも高くなっています。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる