トップページ > AirPods > 内容物「電池」の表記、中身はニセのAirPodsだった!
2020年6月20日 04時14分

読了まで 230

内容物「電池」の表記、中身はニセのAirPodsだった!

Counterfeit Airpods


 
中国から米国へ「リチウムイオン電池」として送られてきた荷物の中身が、ニセのAirPodsだったことが判明、税関で押収されました。

内容説明はリチウムイオン電池。実際の中身は…

米税関・国境警備局(CBP)は現地時間6月1日、米シカゴの配送サービスDHL事務所において、いつものように海外からの輸送品のチェックを行っていました。
 
その時税関職員の目を引いたのが、中国から「リチウムイオン電池」として送られてきた荷物でした。電池を入れた荷物にしては梱包が適当なのが気になったそうです。
 
そこで荷物検査を行ったところ、中から出てきたのは電池ではなく、AppleのAirPodsでした。内容説明と中身が違う時点ですでに怪しさ満載ですが、調べたところやはり本物ではなく、ニセのAirPodsであることがわかりました。ニセAirPodsは全部で25個入っており、これが本物の場合、45万円相当となります。

年間1,600億円相当の偽物が押収

米税関・国境警備局は、1日平均430万ドル(約4億6,000万円)相当のニセ商品を押収しています(2019年時点)。米税関・国境警備局と国土安全保障省が2019年度に押収したニセ商品を含む貨物の件数は27,599件で、2018年度の33,810件よりも減少したものの、合計金額(これらが本物として売られた場合の金額)は、2018年の約14億ドル(約1,500億円)から2019年は15億ドル(約1,600億円)超と増えています。

大量のニセApple製品が出回っている

ここ最近、Apple関連のリーク情報を立て続けにツイートしているFudge氏(@choco_bit)はAppleのニセ商品について次のように投稿しています。
 
「Appleサポートアドバイザーが集めたシリアル番号をニセものにつけ、あたかも本物のように偽るケースも頻繁に起きている。外部で作られたクローン商品に始まって、品質管理に不合格だった製品、壊れた本物の外側だけをそっくり入れ替えたものなど、大量の偽物が出回っている」
 

 
 
Source:U.S. Customs and Border Protection via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : AirPods, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる