トップページ > 最新情報 > MoDTとMini PCが話題となったAOpen、現在は産業用コンピューターを開発中
2020年6月13日 07時05分

読了まで 27

MoDTとMini PCが話題となったAOpen、現在は産業用コンピューターを開発中

AOpen i915GMm
 
2000年代前半に、MoDTMini PCが話題となったAOpenですが、現在は産業用コンピューターを開発中であり、電気自動車(EV)関連市場に、企業としての活路を求めているようです。

Volta Charging向けの産業用コンピューター供給

台湾DigiTimesの報道によれば現在、AOpenはEV充電ステーション向けの産業用コンピューターを供給しているようです。
 
AOpenの2020年5月の売上は対前年比マイナス35.03%の290万米ドル(約3億1,300万円)と、2000年代前半にMoDT市場を牽引したことを思い出すと、寂しさを感じずにはいられない状況です。

Mac miniの真似ではないMini PC

AOpen mini PC
 
AOpenは2006年6月に、「Mini PC」と名付けた小型PCを発売しています。この製品は前年に発売されたMac miniに似た外観が話題になりました。同社は当時、「Mac miniが発表される前から開発に着手していた」とコメントしていました。
 
Mini PCの中身は、チップセットに「Intel945GM/ICH7-MDH」を搭載した、MoDTそのものといえるPCでした。

MoDTとは?AOpenや高速電脳が一世を風靡

AOpen i915GMm 3
 
MoDTとはMobile on Desk Topの略で、発熱と消費電力が大きかったPentium 4の代替えとして、モバイル用のIntel Core 2 Duo (Merom)やIntel Core Duo / Solo(Yonah)プロセッサを、Socket 479Mマザーボードと組み合わせ、低消費電力とパフォーマンスを両立させようとしたものです。
 
AOpenはMini PCを発売する前から、「AOpen i855GMEm-LFS」や、「AOpen i915GMm-HFS」マザーボードの販売を通じて、この市場を牽引していました。当時は、MoDT用のCPUクーラーや静音化パーツが秋葉原の「高速電脳」で販売されるなど、自作ユーザー間で、マニアックな盛り上りを見せていました。
 
 
Source:DigiTimes
Photo:AOpen, HARDWARE ZONE.COM, PCどすこい
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる