トップページ > 最新情報 > 裁判官がiPhoneで実刑判決〜リモートワークの一環
2020年6月11日 18時51分

読了まで 137

裁判官がiPhoneで実刑判決〜リモートワークの一環

skype


 
英国イングランド北西部カンブリア州のカーライルで、裁判官がSkypeをiPhone上で使用し、実刑判決を言い渡した、と報じられています。iPhoneを使った実刑判決は、今回が英国初の可能性があるとされています。

パソコンに問題が発生し、iPhoneに切り替え

元兵士のアンドリュー・ライアン容疑者(41歳)は、実弟をナイフで刺したとして、懲役26カ月の実刑判決を言い渡されましたが、最終的な判決が下される際にiPhoneが使用されたことが注目を集めています。
 
裁判官のニコラス・ベイカー氏は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のためリモートワークを行っており、最初はテレビ電話サービスSkypeをパソコン上で使用していたとのことですが、デバイスに問題が発生したため、iPhoneに切り替えて判決を言い終えた、と英タブロイド紙News & Starが伝えています。
 
Apple関連情報に詳しいiMoreは、英国内で初めてのiPhoneを使った実刑判決の言い渡しの可能性がある、とコメントしています。
 
 
Source:News & Star via iMore
Photo:Skype
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる