2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、WWDC 2020で、ARM搭載Macへの移行計画を発表か

    ARM MacBook_NGTC_04

    ARM MacBook_NGTC_04
     
    Appleは、6月22日からオンラインで開催するWWDC 2020で、MacARMプロセッサへの移行計画を発表する準備をすすめているようです。Bloombergの記者マーク・ガーマン氏が詳細を報じています。

    コードネームは「Kalamata(カラマタ)」

    Appleは6月22日からオンラインで開催するWWDC 2020で、コードネーム「Kalamata(カラマタ)」と名付けられた、ARMプロセッサ搭載Macへの移行計画発表を予定しているようだと、ガーマン氏が伝えています。
     
    ガーマン氏は、今回発表されるのは移行スケジュールであり、ARMプロセッサを搭載したMacが登場するのは2021年と予想しています。それまでの間、開発者に対して移行に必要な時間を与えるために今回のWWDCで先行発表するようだと、同氏は伝えています。
     
    PowerPCからIntelプロセッサへの移行では、2005年のWWDCで移行計画を発表2006年1月に実製品が発表されました。

    試作機が既に動作中か

    Apple社内で行われた、ARMプロセッサを搭載した試作機によるテストでは、グラフィックスと、人工知能(AI)関連のアプリで、Intelプロセッサ搭載のものから大幅な性能向上が認められたようだと、ガーマン氏は記しています。
     
    また、Intelプロセッサよりも電力効率が高いため、将来的に今よりも薄くて軽いMacBookが登場する可能性があるとのことです。
     
    ガーマン氏によれば、ARMアーキテクチャを用いた少なくとも3つのプロセッサが試作されており、そのうちの1つはiPhone12に搭載されるであろう「A14」をベースにしているとのことです。
     
     
    Source:Bloomberg
    Photo:North’s Globe TC/Twitter
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次