トップページ > 最新情報 > Appleが多機能フレームPCの特許を取得~VAIO QR1似のデザイン採用か
2020年6月7日 08時02分

読了まで 24

Appleが多機能フレームPCの特許を取得~VAIO QR1似のデザイン採用か

iPad housing patent_VAIO QR1 2


 
Appleは現地時間2020年6月2日、米国特許商標庁(USPTO)にて「収納空間を持つ周辺ハウジングを備えた、新しいコンピューティングデバイス」に関する特許を取得しました。この特許内容の製品予想図は、VAIO QR1のパイプフレームデザインを彷彿とさせるものです。

ディスプレイ周囲に、収納空間付きフレームを備える

iPad housing patent_VAIO QR1
 
Patently Appleによれば、今回Appleが取得した特許は、「収納空間を備えたハウジングを持つコンピューティングデバイス」に関するもので、同メディアが特許内容をわかりやすく図示した画像では、iPad Pro(2020)のようなディスプレイの周辺に配置された、円柱状のハウジングが確認できます。
 
ハウジングの一部は、Apple Pencilによって構成されています。このハウジングはスタンドの役割も担うほか、内部は収納空間になっており、そこに薄型キーボードを収めることも想定しているようだと、Patently Appleは説明しています。

置く、持つスタイルを楽しむ「バイオQR」

VAIO QR1
 
Patently Appleが掲載した製品予想図は、パイプ椅子をモチーフにしたデザインで登場したPC、「VAIO QR1」のようです。
 
2000年11月に発売された「パイプ椅子PC:VAIO QR(QR1)」は、取っ手を持ってバックのように持ち歩ける、というコンセプトを採用した、意欲的な製品として登場しました。
 
VAIO QR3
 
VAIO QR1は発売から1年後にフルモデルチェンジを行い、VAIO QR3へと進化しましたが、この後継機からは、QR1のデザインテイストが失われました。

取っ手付きデザインはiBook (G3 クラムシェル)が先行

iBook G3
取っ手を配し、持ち歩きやすいようにデザインされたApple製品には、1999年7月に発売されたiBook (G3 クラムシェル)があります。
 
 
Source:SONY VAIO QR1,QR3,JUSTIA Patents,Patently Apple, Austin Evans/YouTube
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる