2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    watchOS7で睡眠追跡機能追加は確実か〜Series 2はサポートしない?

    Apple Watch Series 6

    Apple Watch Series 6
     
    世界開発者会議(WWDC 2020)での発表が見込まれるwatchOS7は、大幅に機能がアップデートされ、次期Apple WatchであるApple Watch Series 6との組み合わせにより、睡眠追跡と血中酸素飽和度の測定が可能になると、The Verifierが報じています。

    watchOS7

    The Verifierによれば、Appleは今秋リリース予定のwatchOS7において、デザインを含め大幅な刷新を行います。特に注目されるのが、以前から繰り返し報じられてきた、睡眠追跡機能と血中酸素飽和度測定機能の導入です。またwatchOS7ではSiriの機能も向上する見通しです。
     
    ただwatchOS7は、2016年に発売されたApple Watch Series 2はサポートしないと同メディアは伝えています。搭載するプロセッサ(Apple S2)では、最新機能に対応できないというのがその理由です。

    Apple Watch Series 6

    ただし睡眠追跡機能と血中酸素飽和度測定機能については、今秋の発売が期待されるApple Watch Series 6との組み合わせでのみ、利用可能となるようです。
     
    またSeries 6ではハードウェアのアップデートも行われ、バッテリー持続時間が延長、Wi-Fi 6にも対応するとのことです。

    睡眠追跡機能の説明が見つかる?

    リーカーのFudge(@choco_bit)が、何らかの情報ソースから入手したと思われる、次期Apple Watchの睡眠追跡機能の使い方をTwitterに投稿しています。
     
    投稿によると、睡眠追跡機能を使うには、就寝前にApple Watchを30%以上充電しておく必要があるようです。また十分な睡眠が得られるよう、ユーザーが設定した睡眠スケジュールを利用し、通知は行わず、画面を暗くすることを通知します。
     
    またユーザーが目を覚ますとそれを察知し、「目が覚めたようですね。目覚ましアラームとおやすみモードをオフにしますか?」という通知も送信される模様です。

     

     
     
    Source:The Verifier
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次